CS(顧客満足度)調査 CS調査でクライアントニーズの把握を

CS調査について

貴社の顧客に対して、貴社サービスへの満足度評価や今後の要望を調査します。

自社の想定する満足ポイントや満足度と顧客が感じている、実際の満足との間にギャップが生じていることも少なくありません。
そこで、顧客が何を重視していて、どの程度満足しているのかを定量的・定性的に調査することで、顧客の目に映る自社像という観点から、自社の強み/弱みを見える化することが重要になります。

また、CSを企業活動の評価指標のひとつとして設定し、CSという視点で考える組織作りに活用することができます。

※ランドスケイプが保有するデータベースを併用することにより、顧客属性ごとの分析も可能です。

CS調査について、詳しくはこちらの資料をご覧ください。
pdfクライアントニーズの把握を目的としたCS調査ご提案書
(ファイルサイズ:442.7KB)

お問い合わせ・資料請求はこちら 開催セミナーはこちら

CS調査の目的

CS調査の目的は、CS向上課題の明確化にありますが、それだけではありません。調査をコンタクトラインとして、ニーズやタイミングのヒアリングを行うことで、営業活動へと繋げます。

■CS向上課題の明確化

改善必要度の高い優先課題を特定・改善し、顧客満足度の向上を図ることで、離反防止を実現します。

■製品・サービスへの要望把握

製品・サービスに関する要望や期待を把握することで、今後のサービス開発・改善に活用します。

■新たなニーズの把握

調査フォロー実施時などに、ニーズをヒアリングすることで、顧客の現状を把握し、アプローチ漏れを防止することが出来ます。

■顧客との継続的コミュニケーション

継続的にコミュニケーションを取ることによって、顧客とのコンタクトラインを維持するとともに、アプローチのタイミングを把握します。

調査レポート例:CSポートフォリオ分析

調査レポート例:CSポートフォリオ分析

貴社のビジネス拡大を、ランドスケイプがお手伝いします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちら 開催セミナーはこちら

↑ページトップへ戻る