HOME  サービス&ソリューション  データソリューション  データクレンジング(データクリーニング/名寄せ)

データクレンジング(データクリーニング/名寄せ)日本最大のデータベースを維持してきたメンテナンス技術を惜しみなく提供

高精度なデータクレンジング
顧客データに不備があっても、効率的な営業を実現できると思いますか?
各社で異なるデータクレンジング(名寄せ)のサービス

データクレンジング(データクリーニング/名寄せ)とは、データ補正や重複データ判別のための処理を行い、データベース内に無秩序に格納されたデータを標準化するものです。

データベースを常に最新の状態に維持し、さらに複数登録されている同一人物、同一企業、同一世帯のデータの名寄せを行うことで、マーケティング活動に必要な顧客データベースのメンテナンス負荷を軽減します。

また電話番号の使用状況や地図情報から判別する居住確認チェックや、ランドスケイプが保有する様々な企業及び個人の属性情報を付与することで、アプローチすべき対象客を絞り込むことが可能なため、効率的なプロモーションを実施することが可能になります。

なぜ精度の高いデータクレンジング(名寄せ)ができるのか?

1.ノウハウ

ランドスケイプ自体が、様々なデータを元に日本最大のデータベースを日々構築しております。
そこで培った技術やノウハウの結集が、他社を圧倒した高精度なデータクレンジング(名寄せ)を実現しています。
通常のクレンジングツールで行われている表記統一・市町村合併はもちろんのこと、略称名・誤記名情報や、吸収合併などの時系列情報も含めてデータ整備を行うため、高精度なデータクレンジング(名寄せ)を実現させることができるのです。

各社で異なるデータクレンジング(名寄せ)のアルゴリズム
精度の高いデータクレンジング(名寄せ)を実現させる方法_マスター量

2.マスター量

データクレンジング(名寄せ)を行う上で、辞書の代わりとなる「マスター」の存在も忘れてはいけません。このマスターの量が多ければ多いほど、正確なデータ整備を行うことができるためです。
ランドスケイプが保有するマスターデータは、姓名マスター、住所マスター、郵便番号マスター、電話番号マスターなど約20種類にもおよびます。
これは、当社が日本最大のデータベースを構築し、メンテナンスし続ける上で活用しているマスターでもあり、質・量ともに充実しています。


精度の高いデータクレンジング(名寄せ)を実現させる方法_データ更新頻度

3.マスター更新頻度

データクレンジング(名寄せ)で活用するマスターは、日々更新されています。
当社では、データドリブンマーケティングカンパニーとして、データ構築・メンテナンス専用部署を設け、データ精度を保持しています。


データクレンジング(データクリーニング/名寄せ)処理イメージ

項目の抜けや入力フォーマットが統一されていないデータは、そのままでは分析などに使えない価値の低いデータとなります。 ランドスケイプでは、これまで独自にデータベースを構築したロジックや、各種マスターデータを活用して、データクレンジング(データクリーニング/名寄せ)を実施し、貴社の顧客データベースをより価値の高いデータベースに変換します。

データクレンジング処理事例

データクレンジング/名寄せ処理方法

データクレンジング処理プロセス

データクレンジング/名寄せの処理方法

■マスターデータについて

マスターデータとは、多種多様なパターンの姓名(及び企業名称)や全国の住所、郵便番号、電話番号を標準化(データクレンジング)し、重複するデータを特定(名寄せ)する際に必要となる大元のデータベースです。
当社が保有するマスターデータは、姓名マスター、住所マスター、郵便番号マスター、電話番号マスターなど約20種類にもおよび、質・量ともに充実しています。
このマスターデータがプログラム・ロジックだけでは不可能な高度な処理を自動で行うことを可能にしています。
また、オプションの建物マスター、個人電話番号マスター及び820万件の企業情報を活用することにより、 電話番号などの新たな情報を付加することでマーケティング活動に活用することができます。


データクレンジング(データクリーニング/名寄せ)成果事例

 
【BtoB事例】
【BtoC事例】

データクレンジングのテストサービス テストクレンジングも対応可能です。
ご相談は無料、お気軽にお問い合わせくだい。
▼関連サービス
▼プレスリリース

↑ページトップへ戻る