病院・医療施設データベース
病院や診療所を抽出したデータベース

病院・医療施設データベースについて

病院・医療施設データベースは、日本全国の病院・一般診療所・歯科診療所・調剤薬局を網羅した約21万件のデータベースで、マスタ構築及びターゲットリストの作成に適しています。

病院・医療施設データベース

病院・医療施設データベースの特徴

1.豊富なセグメント情報

病院名、住所、電話番号などの基本情報に加えて、勤務医数/薬剤師数(常勤・非常勤)・病床数・診療科目など、様々なセグメント条件でターゲット抽出することが可能です。

2.病院の系列関係の可視化

医療企業との紐づき、資本出資比率などを基にグルーピングを行っております。
店舗ごとのデータも保有しているため、本支店関係を見つつ、店舗に対してのアプローチにも活用頂けます。


病院・医療施設データベースの活用例

1.顧客情報の一元管理・運用に活用

部署や担当者ごとに散在しているデータをまとめる際に、医療施設データベースの統一コードを用いた統合データベースの作成を可能にします。また、更新情報も定期的に提供することにより、データベースの鮮度を維持することを実現します。

2.営業用リストとして活用

医療機器などの販売促進を行うにあたって、エリア・診療科目・建物面積などの条件を用いて、ターゲットを設定します。住所・電話番号などの基本情報を抽出し、対象施設に対し、絞り込んだアプローチを実施できます。 また、既存顧客の系列関係を活かした新規開拓用にも活用頂けます。

病院・医療施設データベース

貴社のビジネス拡大を、ランドスケイプがお手伝いします。
詳しくはお問い合わせ・資料請求ボタンをクリックしてください。

お問い合わせ・資料請求はこちら 開催セミナーはこちら

「病院・医療施設データベース」関連ブログを見る
関連ブログ(医療企業データベース活用。医療業界の営業開拓のポイントとは?)は こちら

<関連サービス>
企業データベース

↑ページトップへ戻る