HOME ニュースリリース 2016年 ミツイワ、アカウントベースドマーケティングの基盤構築を目的に データ統合ツール「uSonar」と名刺管理アプリ「u名刺」を導入

ニュースリリース

2016年  プレスリリース

2016年12月16日
ミツイワ、アカウントベースドマーケティングの基盤構築を目的に
データ統合ツール「uSonar」と名刺管理アプリ「u名刺」を導入

 データドリブンマーケティングを支援する株式会社ランドスケイプ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:福富 七海、以下ランドスケイプ)は、ミツイワ株式会社(本社:東京都渋谷区、取締役社長:羅本 礼二、以下ミツイワ)に、820万拠点の企業データを搭載したデータ統合ツール「uSonar(ユーソナー)」とオプションの名刺管理アプリ「u名刺」を納入したことをお知らせします。

ミツイワ株式会社

■導入経緯

 ミツイワは、既存顧客との関係性の強化に加えて、新規顧客の開拓を戦略的に実施できるアカウントベースドマーケティング※1の 実現を目的としたマーケティングの強化にも注力していました。しかし、未開拓企業へ戦略的に優先順位をつけてアプローチする手法の確立に苦労している状況でした。そこでミツイワは、全国820万拠点の企業データを搭載したデータ統合ツール「uSonar」と、「uSonar」のオプション機能である名刺管理アプリ「u名刺」を導入することで、新たなマーケティング基盤の構築への取り組みを開始しました。

■データ統合ツール「uSonar」と名刺管理アプリ「u名刺」の導入メリットは以下の通りです。

  • ①既存顧客データと全国820万拠点の企業データとの統合により、戦略的なターゲティングを実現。
    ②クラウド提供のため、自社でシステム構築する必要がなく、すぐにデータ活用が可能。
    ③「u名刺」により、名刺をスマートフォンで撮影するだけで瞬時にデータ化し、
     一元化されたマスタに集約。
    ④企業属性を把握し、各々に応じた戦略的なメール配信を実現。

 各部門が保有する既存顧客データと、未開拓企業を含む全国820万拠点の企業データを、「uSonar」上で一元管理することで、アカウントベースドマーケティングの基盤を構築できます。

<データ統合ツール「uSonar」について>

 顧客に関わる様々な情報を統合し、管理することができるクラウド型のデータ統合ツールです。ランドスケイプが長年培った様々なフォーマットのデータをクレンジングするノウハウや、日本最大の企業データが搭載されています。
 詳細はWEBサイト:http://www.landscape.co.jp/usonar.htmlをご参照ください。

 ランドスケイプは、今後とも「情報が企業を自由にする」という企業スローガンを掲げ、お客様のデータ統合やデータ利活用の基盤構築を支援してまいります。


※1: アカウントベースドマーケティング(ABM)とは
⇒ターゲット企業(アカウント)を定義したうえで、戦略的にアプローチするためのフレームワークまたは手法。


<ミツイワの概要>
ミツイワ株式会社
 所在地 :〒150-0002 東京都渋谷区渋谷三丁目15番6号
 代表者 :取締役社長 羅本 礼二
 設立   :1964年7月25日
 資本金 :4億900万円
 事業内容:情報機器の販売及びネットワーク機器、通信機器の販売
 http://www.mitsuiwa.co.jp/

<ランドスケイプの概要>
株式会社ランドスケイプ
 所在地 :〒163-1415 東京都新宿区西新宿3丁目20-2 東京オペラシティ15階
 代表者 :代表取締役社長 福富 七海
 設立   :1990年9月
 資本金 :4億66百万円
 事業内容:データベースマーケティングの支援事業
 http://www.landscape.co.jp/

<製品・サービスに関する問合せ先>
  株式会社ランドスケイプ
  担当: 営業本部 石田 大祐
  03-5388-7000 
 info@landscape.co.jp

<報道に関する問合せ先>
  株式会社ランドスケイプ
  担当:経営戦略チーム 谷口 由季
  03-5388-5300
 ir@landscape.co.jp

BtoB営業を効率化するポイントをまとめた資料を以下より無料でダウンロードできます。

お問い合わせ・資料請求はこちら 開催セミナーはこちら

↑ページトップへ戻る