HOME プライバシー&セキュリティー プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

株式会社ランドスケイプは、個人情報及び匿名加工情報(以下「個人情報等」という)の提供、クライアント保有データの整備を基本として、マーケティングの支援を行っております。こうした企業活動の中で、個人情報等の収集・利用を適切に行うこと、クライアントからお預かりする個人情報等を正しく取扱うことは、ランドスケイプにとって重要な責務であると考えております。
ランドスケイプは、個人情報等を正確かつ最新の情報に保ち、個人情報等への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏えい等の予防に努めるとともに、法令、各種ガイドラインに沿って、全社への規範遵守を図ってまいります。

個人情報等とは

ランドスケイプにおける個人情報とは、生存する個人に関する情報であり、その情報に含まれる氏名、生年月日、その他の記述によりその個人を識別できるもの(この情報のみでは識別できないが、他の情報と容易に照合することができ、それにより個人を識別できるものを含みます)を言います。また匿名加工情報とは、個人情報を個人情報の区分に応じて定められた措置を講じて特定の個人を識別することができないように加工して得られる個人に関する情報であって、当該個人情報を復元して特定の個人を再識別することができないようにしたものを言います。

個人情報等の取扱いについて

  1. ランドスケイプは、個人情報等を取り扱っている部門の管理責任者(個人情報等保護室)に適切な管理を行わせております。
  2. ランドスケイプは、クライアントから受託する業務の範囲に限って、個人情報等の取扱いを行います。このとき、当社はクライアントに対して、個人情報等保護の適切な施策を提案いたします。
  3. ランドスケイプは、個人情報等の第三者への提供を、受領者との間に再提供の禁止に関する契約を結んだ上で、利用目的の範囲内で行います。
  4. ランドスケイプは、個人情報等を安全かつ正確に管理し、個人情報等への不正アクセス、個人情報等の紛失、破壊、漏洩、改ざんの予防に努めます。
  5. ランドスケイプは、「個人情報等の保護に関する法律」及び経済産業省が定めた「個人情報等の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン」を遵守しています。
  6. ランドスケイプは、個人情報等の保護に関する社内コンプライアンス・プログラム(実践遵守計画)を定め、役員及び従業員に徹底するほか、これを定期的に見直し改善に努めます。

個人情報等の利用目的

ランドスケイプは、政府が掲げるSociety 5.0「超スマート社会」の計画に賛同し、データソリューション(データ管理業務)及びこれに類するマーケティング活動を支援するために個人情報を利活用します。

※超スマート社会の定義:必要なもの・サービスを、必要な人に、必要な時に、必要なだけ提供し、社会の様々なニーズにきめ細かに対応でき、あらゆる人が質の高いサービスを受けられ、年齢、性別、地域、言語といった様々な違いを乗り越え、活き活きと快適に暮らすことのできる社会。

※データソリューション(データ管理業務):データホスティング、データクレンジング、データエンハンスメント、顧客データ分析、イベントによる調査、デプスインタビューを指す。

委託の取扱い

ランドスケイプは、個人情報等の取扱を第三者に委託することがあります。この場合、ランドスケイプは、個人情報保護法に従って、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

継続的改善

ランドスケイプは個人情報等の取扱いを継続的に改善するよう努めます。

個人情報等の収集

ランドスケイプは、原則として出版物、ウェブサイト等の公開情報を収集しております。またパートナー企業より個人情報等を適正な方法で、収集及び管理しております。ランドスケイプは、原則として氏名、住所、電話番号、生年月日に関する個人情報等を収集し、以下に挙げる特にセンシティブな個人情報等の収集・取り扱いは行っておりません。

  1. 人種・民族
  2. 門地・本籍地(所在都道府県に関する情報を除く)
  3. 信教(出版物に類する公開情報を除く)
  4. 病歴
  5. 不正に入手した可能性のあるもの
  6. その他違法性のあるもの

個人情報等の第三者提供

ランドスケイプは、利用目的の範囲内でクライアント企業・団体に個人情報等の提供を行う場合があります。 提供する個人情報等は、郵便番号・住所・氏名・電話番号・生年月日・勤務先情報・属性情報とし、磁気媒体・紙媒体・ネット及び専用線を利用して提供します。 なお提供する際は、提供先が当社同様、当社の倫理規定及び法令・ガイドラインに従って頂くことを条件といたします。 同時に情報の受取側である個人の方が、情報提供の停止を希望される場合、随時削除停止処理を行います。

※クライアント企業からお預かりした顧客データは、一切当社から第三者に提供することはございません。

匿名加工情報の取扱い

ランドスケイプは、お客様を識別することができないよう加工した匿名加工情報を作成し、第三者に提供することを予定しています。作成した匿名加工情報に含まれる個人に関する情報の項目は性別、年代、住所の一部、属性情報を予定し、提供される匿名加工情報に含まれる個人に関する情報の項目に関しても、性別、年代、住所の一部、属性情報を予定しています。提供の方法は磁気媒体・紙媒体・ネット及び専用線を利用して提供します。 ランドスケイプは、匿名加工情報について、別途定める「匿名加工情報取扱規程」を厳守して安全管理のための措置を講じます。

匿名加工情報に含まれる個人に関する情報の項目、提供する情報に含まれる個人に関する情報の項目及び提供方法については、確定次第掲示を行います。

個人情報等の利用停止・削除・訂正

ランドスケイプは、個人情報等の削除・利用停止の具体的方法として自主的にDM受取休止登録サービス(自動MPS)を行っており、またDISH(R)、LACS(R)等でもこれらの制度及びシステムを活用する ことにより、情報主体は、個人情報等の利用に関し、オプトアウトの権限を保有します。

DM受取休止登録サービス(自動MPS)

封筒に印刷されたフリーダイヤルを掛けて、宛名ラベルの下の番号をプッシュ入力することで、自動的にDMの受け取りを拒否する消費者のデータを除去するものです。尚、この自動MPS登録はランドスケイプが特許取得済(特許第3455112号)です。

詳しくはこちら

個人情報保護室

個人情報等に関する業務フローとマニュアルの作成、社内外のデータの管理とチェック、規定の制定と教育、問い合わせの調査と対応などを一元管理する部署です。
個人情報等の開示・訂正・利用停止をお申し出があった場合、弊社は速やかに事実関係の調査を行い、個人情報等の開示・訂正・利用の停止をご相談させて頂きます。

個人情報保護室:03-6361-0753(午前10時~午後6時 土日祝日、年末年始、当社休日除く)

個人情報保護管理者(CPO)について

取締役CIO 置田 富士夫を個人情報保護管理者(CPO)に任命しています。

↑ページトップへ戻る