HOME  ランドスケイプ ブログ  マーケティングブログ(データベース・CRM・コールセンター) の記事一覧  ABM(Account based marketing)とは?リード育成。失敗と成功のわかれめは?実行ポイントはデータ統合。

マーケティングブログ(データベース・CRM・コールセンター)

17年03月10日

ABM(Account based marketing)とは?リード育成。失敗と成功のわかれめは?実行ポイントはデータ統合。

マーケティングブログ(データベース・CRM・コールセンター)

リード育成。失敗と成功のわかれめ。それがどんな点にあるのか?考えてみます。



1.リード育成。リードナーチャリング。失敗する原因は?

リード育成、リードナーチャリングにたいして課題をお持ちの企業も多いことかと思います。最近、マーケティングオートメーションツールを提供する事業会社(セールスフォース・ドットコム、マルケト、日本オラクル、シャノンなど)から下記のキーワードを聞いたことはありませんか?

20170310blg_fg1.png『ABM(Account based marketing)』

マーケティングオートメーションは、リードを育成していくためのツールのひとつです。「マーケティングオートメーションツールを導入しました。しかしながら、リードの育成が想定どおりに進んでいません。」という悪いケースが発生している場合もあります。さて、リードの育成/リードナーチャリングがうまくいかない、失敗してしまう原因とは何でしょうか?その原因のひとつが、『ABM(Account based marketing)』を行っていないということです。

ABM(Account based marketing)とは、簡単にいえば顧客を1社1社評価して、会社ごとにマーケティングを行うという内容です。そうです。リード育成が失敗してしまう企業の共通の取り組みが、この顧客1社1社にたいしてマーケティングを行わないで、逆にリード/相手担当者1名1名にたいしてマーケティングを行っていることなのです。つまり、会社単位ではなくて、リード/相手担当者単位でマーケティングを展開するから失敗するのです。その結果、以下のようなもったいない営業活動が繰り返し発生してしまうのです。

「見込客の相手担当者と商談を行いました。ニーズはあるのです。しかしながら、自社の顧客と比較して事業規模が小さい会社でした。そのため、無駄な営業活動となりました。」



2.リード育成。リードナーチャリング。成功する原因は?

1.リードの育成/リードナーチャリングがうまくいかない、失敗してしまう原因について説明しました。具体的には、『ABM(Account based marketing)』を行っていないからと説明しました。ここでは、リードの育成/リードナーチャリングを成功させる原因、ABM(Account based marketing)に取り組むとは具体的にどのような活動なのか?について説明します。

20170310blg_fg2.png「リードクオリフィケーション」

リードクオリフィケーションとは、大量の見込客リストの中から、質が高い見込客を選定するという内容です。ABM(Account based marketing)に取り組むとは、このリードクオリフィケーションを実現するということになります。

日本国内で、ABM(Account based marketing)というキーワードは最近聞かれるようになりました。しかしながら、このマーケティング概念自体は10年以上前から存在しています。したがって、アメリカのBtoB企業では、ABM(Account based marketing)を通常のプロセスとして実行しています。



3.ABM(Account based marketing)マーケティングで必要とされる理由は?


①ABM(Account based marketing)に取り組むメリットとは何か?

アメリカのBtoB企業は、なぜABM(Account based marketing)に取り組んでいるのでしょうか?また、マーケティングオートメーションのツール提供企業(セールスフォース・ドットコム、マルケト、日本オラクル、シャノンなど)は、なぜ、今、ABM(Account based marketing)の必要性を説いているのでしょうか?その理由のひとつが、クロスセルやアップセルといった売上/利益につながりやすいからです。なぜならば、ABM(Account based marketing)の単位は「企業」レベルだからです。リード/相手担当者情報レベルの単位でマーケティングを行うことではありません。

②ABM(Account based marketing)の実現。ポイントはデータ統合。

企業単位でマーケティングを展開すること。これは具体的にどのような状態を指すのでしょうか?それは、該当する企業にひもづく部門、部門にひもづく担当者とのやりとり情報をすべて「企業」レベルに集約していく、統合していくということなのです。当社/ランドスケイプは、BtoB企業のABM(Account based marketing)含めたマーケティングプロセスの構築を行っています。ABM(Account based marketing)の実行ポイントは、企業レベルでマーケティングを展開することです。そのためには、御社が保有するさまざまなデータレイアウトの顧客情報を会社単位で「名寄せ」し、データを「統合」する必要があります。

顧客データの名寄せ、統合を行い、ABM(Account based marketing)を行っている企業の取り組みを以下の通り紹介します。見込客を育成する、その鍵となるABM(Account based marketing)について課題や要望がありましたらお気軽にご相談ください。

1)Salesforce.com連携利用。セゾン情報システムズ社。「Oracle Marketing Automation(Oracle Eloqua)」と連携できるデータ統合ツール「uSonar」を導入

2)マイクロソフトの「Dynamics CRM Online」と連携。オウケイウェイヴ社。データ統合ツール「uSonar」を導入。



BtoB営業を効率化するポイントをまとめた資料を以下より無料でダウンロードできます。

お問い合わせ・資料請求はこちら 開催セミナーはこちら

マーケティングブログ(データベース・CRM・コールセンター)の最新記事  

2017年03月10日 : BtoB  マーケ・システム 
インサイドセールス運営中の企業様向 ~受注力向上。成功するインサイドセールスとは?~
インサイドセールス運営中の企業からよく聞く悩みは、「営業部が拒否された見込客との進め方」です。一度、拒否になった見込客と良い関係をつくるには何が必要となるのでしょうか?受注力向上につながるポイントについて展開します。
続きを読む
2017年03月10日 : BtoB 
ABM(Account based marketing)とは?リード育成。失敗と成功のわかれめは?実行ポイントはデータ統合。
リード育成の失敗と成功。「成功」するためには「ABM」Account based marketingが必要です。売上実績にもとづき顧客を1社1社評価することです。顧客の評価を行わないで、リードすなわち担当者を育成しようとした場合「失敗」します。
続きを読む
2017年03月10日 : BtoC 
富裕層マーケティング。 富裕層が思わず買ってしまう「レスポンス広告」作成術とは?
2017年1月26日にイズ・アソシエイツ社、ランドスケイプの共催セミナー、「富裕層が思わず買ってしまう「レスポンス広告」作成術とは?」を実施しました。以下、実施報告記事となります。
続きを読む

ランドスケイプ ブログ ライター 一覧

CEOブログ

CEOブログ

マーケティングブログ(データベース・CRM・コールセンター)

マーケティングブログ
(データベース・CRM・コールセンター)

↑ページトップへ戻る