HOME  ランドスケイプ ブログ  マーケティングブログ(データベース・CRM・コールセンター) の記事一覧  Dynamics 365で実現できることとは?定着に必要なこととは? ~Microsoft Partner of the Year 2016 シーイーシー~

17年03月31日

Dynamics 365で実現できることとは?定着に必要なこととは? ~Microsoft Partner of the Year 2016 シーイーシー~

マーケティングブログ(データベース・CRM・コールセンター)


2017年3月15日(水)に日本マイクロソフト株式会社、株式会社シーイーシー、株式会社オウケイウェイヴ、ランドスケイプの4社による共催セミナー、「BtoBセミナー 新しいCRM でリードをつくる!~Dynamics 365 と日本最大企業情報データベースが連携~」を実施しました。

第一部『Dynamics 365。他社とここが違う!』日本マイクロソフト株式会社
第二部『Dynamics CRMでの効率的な案件化のポイントとは?』株式会社シーイーシー
第三部『OKWAVE事例発表』株式会社オウケイウェイヴ
第四部『Dynamics 365とuSonarを連携させた活用法とは?』株式会社ランドスケイプ

以下、実施記事となります。

第一部の内容はこちらをご覧ください。
第三、四部の内容はこちらをご覧ください。

第二部 『Dynamics CRMでの効率的な案件化のポイントとは?』

株式会社シーイーシー システムインテグレーションビジネスグループ
第一営業部 主任 今井 達弘 氏

1.Dynamics 365で実現できることとは?

Dynamics 365を導入そして利用することで、営業活動における4つの困りごとを解決することができます。

【Dynamics 365で実現できる4つのこと】
1)アプローチ先の選定
会社として接触しているリード情報に対して「漏れなく」アプローチができること。

2)商談の進捗管理
初回商談から受注または失注という結果にいたるまでのプロセス把握そして軌道修正の判断が容易にできること。

3)提案のレベルアップ
営業部の社員おのおのが使っている提案書などの情報を集約し、利用しやすくします。
さらに、もっとも適正な資料を選定し、それを標準資料として展開することが容易になります。

4)受注率のアップ/失注率の改善
失注する原因(頻度が高い原因)をDynamics 365に予め設定します。その結果、失注原因の計測と改善ポイントが明確となります。

2.Dynamics 365のデータモデルとは?

Dynamics 365の営業支援機能(以下:SFA)の特徴のひとつがデータモデルです。
取引先企業1社に対して自社の異なる部門別の活動情報を集約して、表示する仕様となっています。
したがって、営業部門、マーケティング部門そしてサポート部門などの活動情報を網羅的に把握できます。

CEC001.png

3.定着に必要なこととは?

SFAを導入したあとに定着をしないというケースもSFAを定着させるためには2つの視点が必要です。Dynamics 365は、それらをケアしています。

1)営業部門の活動負担を軽減すること。
Dynamics 365では、営業部門が本来の営業活動、すなわちお客様との商談時間を最大化する機能を豊富に取りそろえています。
また、株式会社シーイーシー(以下、シーイーシー)は、Dynamics 365の利便性をさらに向上させる日報/週報などのテンプレートを提供しています。
(詳細は次の4.シーイーシーはなぜ導入支援実績が多いのか?)

2)顧客データベースの品質を保持すること。
SFAの稼働が安定しない原因の2つ目は、顧客データベースの更新を含めた品質の保持にあります。
ランドスケイプが提供するデータベース統合ツール「uSonar」とDynamics 365を連携することで、顧客データべースを常に最新状態に維持でき、高い品質を保てます。この連携ができたことで、効率的に優先的にアプローチすべき企業を正確に抽出でき、効果的な営業活動を実現できます。

*データベース統合ツール「uSonar」の詳しい説明はこちらから

CEC002.png

4.シーイーシーはなぜ導入支援実績が多いのか?

シーイーシーは、2007年からDynamics 365の導入支援を行ってきました。豊富な導入実績とノウハウを持っています。
さらに、Dynamics 365の基本機能を強化する豊富な独自テンプレートを保有し、高い技術力と豊富な経験で導入から定着までをワンストップでサポートします。
詳細は、以下のとおりです。
Dynamics365の導入およびその後の定着でお困り事がありましたら、お気軽にシーイーシーまでご相談ください。

連絡先は下記のとおりです。

Email:marketing@cec-ltd.co.jp
URL: http://www.cec-ltd.co.jp

CEC003.png

第一部の内容はこちらをご覧ください。
第三、四部の内容はこちらをご覧ください。

株式会社シーイーシー

お問い合わせ・資料請求はこちら 開催セミナーはこちら

マーケティングブログ(データベース・CRM・コールセンター)の最新記事  

2017年05月18日 :
本「データ・ドリブン・マーケティング」の事例から読み解く。顧客データ志向のマーケティングとは?
本「データ・ドリブン・マーケティング」を引用しながらデータ・ドリブン・マーケティングとは何か?そして事例を通じて進め方について考察します。
続きを読む
2017年05月15日 :
金融機関での法人マイナンバー活用。 顧客情報の管理、データ処理での活用法とは?
金融機関では、法人マイナンバーを活用したデータ処理ならびに顧客情報管理が一段と進んでいます。法人マイナンバーとは?の基本から金融機関における法人マイナンバー活用の「実務」を説明します。
続きを読む
2017年05月15日 : BtoB  コラム マーケ・システム 
メールマーケティングとは?「開封率」を高める! タイトル、件名の「工夫」とは?
メールマーケティングとは?そしてその開封率。開封率を高めるポイントが タイトルすなわち件名です。本「キャッチコピー力の基本」 を参考にメールマーケティングについて考えます。
続きを読む

ランドスケイプ ブログ ライター 一覧

CEOブログ

CEOブログ

マーケティングブログ(データベース・CRM・コールセンター)

マーケティングブログ
(データベース・CRM・コールセンター)

↑ページトップへ戻る