CASE / PERFORMANCE CASE / PERFORMANCE [専門サービス][BtoCマーケティング] コンタクトセンターの運用効率化で年間3,000万円コスト削減

課題

・コンタクトセンター運用において、データ抽出や進捗管理などの業務を行う上で見えないコストがかかっていた。
・顧客とのリレーション構築によって、CPOの最小化を図りたいが、運用体制ができていない。


ランドスケイプを選んだ理由

・ランドスケイプ保有の日本最大級のデータベースとの連携が可能なこと。
・自社システム内への設置、またはASPサービスでも利用でき、柔軟性に富むこと。
・一つのシステムで複数の業務を運用管理できる点や勤怠管理など、かゆいところに手が届く機能を搭載していること。


そして結果は・・・

・運用の効率化を図れたことで、年間最大3,000万円のコスト改善が実現できた。
・顧客リレーション構築を達成し、利益が生み出せるコンタクトセンターにすることができた。

コールセンター運営に携わっている方へ。
利益率の改善方法からセンター設備の選定に至るまでの「FAQ」をまとめました。
1. ノウハウを仕組化する手法とは?
2. システム投資で失敗しない「3つ」の視点とは?
3. 収益化につなげるポイントとは?


>>関連サービス
コールセンターシステム<DISH>

RSSフィード登録

新着情報をリアルタイムにお届け。以下URLをコピーし登録してください。

登録すると最新情報をリアルタイムでお知らせ