CASE / PERFORMANCE CASE / PERFORMANCE [宝石・貴金属][BtoCマーケティング]既存顧客のポテンシャルを分析し、注力すべき顧客像を把握

課題

・購買力の高い富裕層に注力してプロモーションを行いたいが、どの既存顧客が富裕層であるのか正確に判別できていないため、販売計画の立案や効果検証が困難だった。
そこで自社顧客像の詳細を把握し、注力顧客を特定したい。


解決策

・既存顧客データをランドスケイプ保有のデータベースとマッチングさせ、顧客像の分析を行った。


ランドスケイプの強み

・全国を網羅する富裕層データベースの母数。
・姓名マスタ・住所マスタ等の名寄せ技術を保有しているため、預かりデータとのマッチング率が高いこと。


結果

・顧客像の分析により、富裕層の出現率が人口統計よりも高く、また富裕層のなかでも特定の職業に就いている人が多いことが判明した。
・分析結果を参考にし、顧客となりえる新規顧客像を作成することで、新規開拓のターゲット選定にも活用している。



>>関連サービス
消費者/個人情報データベース
富裕層データベース
BtoC購買ポテンシャル分析

RSSフィード登録

新着情報をリアルタイムにお届け。以下URLをコピーし登録してください。

登録すると最新情報をリアルタイムでお知らせ