CASE / PERFORMANCE CASE / PERFORMANCE [通信販売][BtoBマーケティング]顧客データという保有資産の再活用を実現

2009年06月08日

クライアントプロフィール

業種: 工具卸売
商材: 工場消耗品/部品のカタログ/Web通販
商材単価: 数万円~十数万円

背景・課題

・複数ベンダーからの購入した、約200万件(本社、事業所含む)のデータベースを保有しているが、重複や陳腐化、データ不備が発生している。
・商材単価よりFAXDMによるプロモーションが一番費用対効果が高いと社内実証済みであり、FAXでのアプローチを実施したいがデータベースにFAX番号がないものがある。
・日本のターゲット市場の母数を把握できていない。

ランドスケイプを選んだ理由

・日本最大級のデータベースをもとにターゲット市場を特定できること(網羅性)。
・アプローチ用のFAXデータの保有母数が多いこと(ニーズにマッチしたデータベースを保有)。
・顧客データベースの重複チェック/簡易メンテナンスができること(既存データベースの再活化)。

結果

・顧客データベースの整備により、重複アプローチ防止、既存/見込客の判別を付けられるようになった。また、業種や売上高規模などの属性を付与することで、アプローチ対象企業の優先付けが可能となった。
・ターゲット市場の未取引企業を特定し、FAXでのアプローチをすることが可能になった。



>>関連サービス
法人マスターデータベース「LBC」
データ統合ツール「uSonar」
データクレンジング(データクリーニング/名寄せ)
顧客データの有効活用(データエンハンス)
顧客データ分析


資料請求 / お問い合わせ

使用しているSFA、MAの顧客データとの連携は?
気になることはぜひお問い合わせください。

お急ぎの方、電話にて問い合わせをしたいお客様は 03-5388-7000 受付時間 9:30~18:30(土日祝休)

RSSフィード登録

新着情報をリアルタイムにお届け。以下URLをコピーし登録してください。

登録すると最新情報をリアルタイムでお知らせ