CASE / PERFORMANCE CASE / PERFORMANCE [化粧品アメニティ][BtoCマーケティング]全ブランドの顧客DBを統合し、シングルサインオン(SSO)を実現

クライアントプロフィール

業種 小売業・メーカー
商材 化粧品・日用品
売上規模 約1兆円

背景・課題

・複数のブランドを保有しており、それぞれのブランドが個々に会員組織を持っている。また、メルマガ会員・通販会員という2つの会員組織も存在し、 会員組織ごとに属性情報の取り方もばらばらである。 クレンジングを実施し、重複して登録されている顧客情報を名寄せし、複数ブランドの会員組織を一元化した顧客DBを構築したい。


・各ブランドごとの分析だけでなく、グループや企業全体としての分析を行い、お客様の特性を把握し、全ブランドで連携をとり売上につなげていきたい。

解決策

各ブランドごとに個別管理されている顧客DBのクレンジング処理を実施しました。また、クレンジング後に全ブランドのデータを統合し、顧客DBの一元管理を実現しました。

【各ブランドごとのクレンジング処理を実施】
・各ブランドごとのDBのクレンジング処理、姓名・郵便番号・住所・電話番号などによる名寄せを実施しました。

【ブランドごとのDBを1つに統合】
クレンジング・名寄せ処理後のDBを会社単位で1つに統合し、顧客DBの一元管理を実現しました。

顧客データ分析



ランドスケイプを選んだ理由

・自社もしくは他社の顧客データベースの構築・維持管理を行っているので、さまざまなナレッジを活用したデータクレンジングのノウハウが蓄積されているため。

結果

・統合したサイトを開設し、全ブランドで統一されたID・PASSを使用するSSOを実現。
・企業全体で各ブランドのデータを共有することができるようになったので、お客様単位で分析を行うことが可能になった。



>>関連サービス
消費者/個人情報データベース
BtoC購買ポテンシャル分析

RSSフィード登録

新着情報をリアルタイムにお届け。以下URLをコピーし登録してください。

登録すると最新情報をリアルタイムでお知らせ