CASE / PERFORMANCE CASE / PERFORMANCE [不動産][BtoCマーケティング]多拠点間での顧客DBの共有、架電の生産性向上を実現したシステムとは

クライアントプロフィール

業種 不動産販売代理業/仲介業
商材 不動産

背景・課題

≪基幹を含めたシステムの見直しを行っており、コールセンターに関しては新しいシステムの導入を検討≫

1.多数の拠点があるが、連携がうまく取れずに管理が煩雑になっていた。拠点間でうまく連携を取り、顧客データの管理を徹底したい。

2.現在は手掛けでかけており生産性が低い。架電生産性や業務生産性を向上させたい。

解決策

 マーケティングCTI「DISH」をASP型で36席導入し、顧客とのすべてのコミュニケーション履歴を集約し、 顧客データベースの一元管理を実現。複数回線先行発信を行っており、 返答のあった電話を瞬時にオペレーターにつなぐことができ、架電生産性・業務生産性を向上した。

1.マーケティングCTI「DISH」の重複チェック&名寄せ機能により顧客DBの一元管理を実現。

・顧客情報の二重登録を防止し、複数のデータソースからデータを統合することを可能にする。多拠点間においても顧客DBの一元管理を実現。

【DISH導入後DB管理イメージ】

データ統合

2.プレディクティブダイヤリング機能を活用し、架電効率を向上。

・複数回線先行発信を行い、応答のあったものだけをオペレーターに自動で接続するプレディクティブダイヤリング機能を活用。電話接続の手間が省けたため、架電効率の向上を実現。

【DISH導入前後の作業時間比較】

不動産2.png

ランドスケイプを選んだ理由

・今回初めてコールセンターシステムの導入を行うため、柔軟な対応ができるものが欲しかった。DISHは設置型とASP型両方に対応することができ、他システムとの連携を行うことも可能なため。

・企業、消費者のDBを保有しており、アウトバウンドコールに必要な市場セグメントデータを別途提供することができ、トータルサポートが可能なため。

結果

・顧客DBの一元管理、拠点間での顧客DBの共有を実現。
・架電効率が大幅に上昇し、作業時間の短縮・コストの削減を実現。



>>関連サービス
コールセンターシステム<DISH>
消費者/個人情報データベース

RSSフィード登録

新着情報をリアルタイムにお届け。以下URLをコピーし登録してください。

登録すると最新情報をリアルタイムでお知らせ