CASE / PERFORMANCE CASE / PERFORMANCE [卸売業][BtoBマーケティング]uSonarにより顧客情報を一元管理。資本系列関係・未取引企業を可視化し、効果的なターゲティングを実現。

クライアントプロフィール

業種 販売代理店
商材 オフィス用品・作業用品

背景・課題

部署・事業所ごとに複数のデータベースが存在しているため、以下のようなマーケティング施策を効果的に行うことが出来ていなかった。
 ①既存客の中から「複数の部署・人が購買窓口となって購入している企業」を特定した上での効率的なクロスセル・アップセル
 ②「拠点単位で発生する取引」を企業単位に集約した上での注力企業の特定
 ③「既存客と資本系列関係のある未取引企業(関係性が近い企業)」への新規顧客開拓

解決策

・顧客情報の一元管理を実現する顧客データ統合ツール『uSonar』を導入する。
・企業間の資本関係や購買履歴など顧客に関わるさまざまな情報をデータ統合し、企業単位での包括的な顧客理解、効果的なターゲティングを実現。

【uSonarの活用方法】
1.LBCコードでの名寄せ・更新
 →日本最大の企業データベースを構築・維持してきた名寄せデータクレンジング技術を活用し、データの名寄せとメンテナンスを行う。
 顧客の基本情報や取引情報、Webアクセスログなどの一元管理を実現。

2.資本系列関係の把握
 →企業コード(LBC)により、資本関係でのグルーピングを実現。
 既存顧客の購買履歴をuSonar内に取り込むことで、企業単位での取引実績だけでなく、グループ企業における未取引企業の把握も可能にする。

【事業所・資本系列関係グルーピングイメージ】

資本系列

uSonarを選んだ理由

・大手企業だけでなくコアターゲットとなる中小零細企業まで網羅した企業データ820万拠点を活用できること。
・本社/事業所、事業所間の関係性、親会社/子会社で発生する取引情報の効率的な集約を実現できること。

結果

・複数拠点を持つ企業の企業単位での取引金額の把握を実現
・既存客のグループ企業における未取引企業の可視化
 →関係性の近い企業へのアプローチ漏れの防止により、効率的なマーケティング活動を実現。

>>関連サービス
企業データベース「LBC」
ABMツール「uSonar」
データ統合
データクレンジング(データクリーニング)
名寄せ
顧客データの有効活用(データエンハンス)
顧客データ分析


RSSフィード登録

新着情報をリアルタイムにお届け。以下URLをコピーし登録してください。

登録すると最新情報をリアルタイムでお知らせ