CASE / PERFORMANCE CASE / PERFORMANCE [BtoCマーケティング][化粧品メーカー]アップセル・クロスセルの効率化と、プロモーションコストの削減

クライアントプロフィール

業種 メーカー・小売業
商材 化粧品
商材単価

背景・課題

 ・自社サイトや、他社ECサイト、広告からの電話問合せ、注文ハガキの返信など様々なチャネルから収集される顧客データが統合されておらず、ターゲット選定がしづらい
既存のCRMシステムでは、カスタマイズがしづらいためリプレースを考えている。

解決策

まず先方保有データベース120万件の名寄せ・クレンジング処理を実施し、マーケティングCTI「DISH」にクレンジング処理後のデータベースを格納。
データクレンジングシステム「CicruData」を合わせて導入することで、アップセルやクロスセル対象客を効率よく抽出できる仕組みを構築。

ソリューションフロー

1.顧客データ120万件の受託型クレンジング実施

アップセル



2.マーケティングCTI「DISH」とデータクレンジングシステム「CircuData」を導入
→自動データクレンジングと自社システムとの連携を実現させる

3.他社のBIシステムと連携させ、顧客分析とターゲット抽出
→効率的なアップセル・クロスセルの実現
→マーケティングコストの削減を実現

■サービスフロー

クロスセル



ランドスケイプを選んだ理由

データクレンジングに関するノウハウを保有しているため。
・「DISH」は様々な業務アプリケーションと連携が可能
・独自カスタマイズなど柔軟な対応が可能なため。

結果

・マーケティングコストの削減を実現
・効率的なアップセル・クロスセルの実現


コールセンター運営に携わっている方へ。
利益率の改善方法からセンター設備の選定に至るまでの「FAQ」をまとめました。
1. ノウハウを仕組化する手法とは?
2. システム投資で失敗しない「3つ」の視点とは?
3. 収益化につなげるポイントとは?


>>関連サービス
コールセンターシステム「DISH」
BtoC購買ポテンシャル分析


ランドスケイプでは210万件の富裕層データベースをもとに、ラグジュアリー消費者のネットワークを通じた富裕層サーベイ、デプスインタビュー調査を行っています。詳しくはこちらからパンフレットをダウンロードください。


RSSフィード登録

新着情報をリアルタイムにお届け。以下URLをコピーし登録してください。

登録すると最新情報をリアルタイムでお知らせ