CASE / PERFORMANCE CASE / PERFORMANCE [保険代理店][BtoCマーケティング]顧客データベース・プロモーション業務を一元管理することにより、顧客理解を深め、大幅に業務効率の向上を実現する!

2014年03月13日

1106DISH.png

クライアントプロフィール

業種 保険代理店
商材 各種保険(生命保険、損害保険など)
拠点数 全国11拠点

背景・課題

      保険代理店業務の費用対効果を上げるため、コールセンターシステムの導入が必要だった。
 ・複数の拠点に散在している1000万件規模のセールス用データを一元管理したい。
 ・席数の拡張にも柔軟に対応できるシステムを導入したい。
 ・1システムで煩雑な業務フローにも対応できるCTIを導入したい。


解決策

保険代理店が保有しているセールス用データベースのクレンジング処理・属性付与を行う。
処理後の顧客データベースを格納したマーケティングCTI「DISH」を導入し、過去対応履歴などのデータベースを一元管理する。複数のプロモーション業務にもワンシステムで対応することができ、効率的なマーケティング活動を実現!


ソリューションフロー

1.データクレンジング、属性付与
 ?保険代理店保有の顧客データベース(氏名、郵便番号、住所、電話番号)をクレンジング処理。
 ランドスケイプの消費者データベース9500万件とマッチングさせて、生年月日の属性情報(セグメントキー)を付与。
2.「DISH」導入
 ?クレンジング及び属性付与済みの顧客データベースを格納したマーケティングCTI「DISH」を導入。
3.コールセンター研修、サポート
 ?ランドスケイプで実際にDISHを運用しているコールセンターのSVによる操作研修を実施。
 また、機能面に関してもシステム担当によるサポート体制をとる。

データクレンジング

ランドスケイプを選んだ理由

・消費者属性データベース9500万件を維持・管理しており、データベースの整備や管理に関するノウハウが蓄積
 されているため。
・席数の拡張や新たな事業進出にも柔軟に対応することが可能なサポート体制が整っているため。

結果

顧客データベースを一元管理、システムの煩雑性を解消した結果・・・
?業務効率の向上を実現!
 顧客理解を深めることにもつながり、成約率Upも実現!


コールセンター運営に携わっている方へ。
利益率の改善方法からセンター設備の選定に至るまでの「FAQ」をまとめました。
1. ノウハウを仕組化する手法とは?
2. システム投資で失敗しない「3つ」の視点とは?
3. 収益化につなげるポイントとは?


>>関連サービス
コールセンターシステム「DISH」
消費者/個人情報データベース

資料請求 / お問い合わせ

現在使用しているサービスとの連携は?
気になることはぜひお問い合わせください。

お急ぎの方、電話にて問い合わせをしたいお客様は 03-5388-7000 受付時間 9:30~18:30(土日祝休)

RSSフィード登録

新着情報をリアルタイムにお届け。以下URLをコピーし登録してください。

登録すると最新情報をリアルタイムでお知らせ