CASE / PERFORMANCE CASE / PERFORMANCE [小売業(通信販売)][BtoCマーケティング] 購買金額を基にしたランクを設定・分析、フォローすべき顧客を可視化。

クライアントプロフィール

業種 通信販売業
商材 宝飾品

背景・課題

10万件の顧客データを保有しているが、販促用のデータとして利用しづらい。
 -様々なデータソースがあり、重複登録が多く、お客様番号カードを発行できない。
 -顧客の傾向を把握したいが、基本的な情報しか保有していないため把握できない。

解決策

①様々なチャネルの顧客データ10万件の個人/世帯単位の重複をチェックし、ユニークデータを作成。
②ユニークデータとランドスケイプの消費者データベース(IDB)をマッチングし、属性情報を付与。
③顧客データの累積購買金額を基に独自にランクを作成し、各ランクごとの分析を実施。

【実施概要】
①姓名・郵便番号・住所・TELをキーに顧客データを名寄せ
②顧客データへの分析項目付与(職業、資産状況、趣味・嗜好など)
③独自ランク分けによる将来の見込客の可視化

【実施フロー】

属性付与

ランドスケイプを選んだ理由

・属性情報を基に顧客傾向の把握が可能なため。
・各種マスタを保有しており、データの名寄せをすることが可能なため。

結果

・重複を削除し、個人に対し1IDを実現。
 お客様番号カードを設け、ロイヤリティを向上
・Sランクの顧客に類似している方を可視化。
 将来Sランクになり得る方を把握し、効率的なフォローを実現



>>関連サービス
消費者/個人情報データベース
富裕層データベース
BtoC顧客分析
名寄せ


ランドスケイプでは210万件の富裕層データベースをもとに、ラグジュアリー消費者のネットワークを通じた富裕層サーベイ、デプスインタビュー調査を行っています。詳しくはこちらからパンフレットをダウンロードください。


RSSフィード登録

新着情報をリアルタイムにお届け。以下URLをコピーし登録してください。

登録すると最新情報をリアルタイムでお知らせ