CASE / PERFORMANCE CASE / PERFORMANCE [サービス業][BtoBマーケティング]複数事業のマスターデータとして企業データベース「LBC」を採用。関係性を活かした営業アプローチ・未開拓市場の可視化の実現

クライアントプロフィール

業種 医療に附帯するサービス業
商材 医療人材派遣、教育支援事業など

背景・課題

・医療系人材派遣事業の顧客は『病院』であり、現在各医療施設ごとに取引を実施。
・全社的な基幹システムの入れ替えが決定したが、顧客データベースは事業ごとにバラバラに存在していたため、
 この機会にデータ統合するためのマスターデータの見直しが必要だった。


課題解決策

企業データベース「LBC」をマスターデータとして採用、各事業のデータベースと紐づけた管理を実施。
医療事業では、顧客の運営母体での取引状況可視化、未開拓施設の可視化により効率的な市場開拓が実現。別事業でも効率的な新規法人市場開拓が実現。

実施内容

企業データベース「LBC」を マスターデータとして採用

【LBC特長】
 ①日本最大820万拠点の企業データベース
 ②上場企業だけでなく、中小企業、事業所、官公庁、医療法人なども網羅
 ③資本関係でグルーピング
 ④マーケティング用に構築したデータ。
  新規開拓、顧客分析、既存客の囲い込み、  顧客情報整備で効果を発揮。

【イメージ_医療事業での営業効率変化】

190123_5.png

ランドスケイプを選んだ理由

①データ網羅性
(特に医療法人、学校法人、自治体など)
②『運営母体』と『施設』が紐づいたデータ
(各施設との取引だが、運営母体での取引状況を把握し、効率的な営業を展開したいという要望)

結果

・取引先施設のグループ企業の関係性を活かした営業戦術が実現
・未開拓施設可視化による営業効率アップ
・別事業でも効率的な法人市場開拓が実現

>>関連サービス
企業データベース「LBC」
データ統合
データクレンジング(データクリーニング)
名寄せ


ランドスケイプでは日本最大の企業データ「LBC」と、顧客データ統合ツール「uSonar」を用いてBtoB企業のマーケティングを支援しています。 詳しくはこちらからパンフレットをダウンロードください。

RSSフィード登録

新着情報をリアルタイムにお届け。以下URLをコピーし登録してください。

登録すると最新情報をリアルタイムでお知らせ