CASE / PERFORMANCE CASE / PERFORMANCE [金融業][BtoCマーケティング]他行での実績多数の富裕層データの活用により、潜在優良顧客を特定。効率的な営業展開を実現。

2016年10月27日

クライアントプロフィール

業種 金融業(銀行)
商材 プライベート・バンキング

背景・課題

・これまでの新規開拓はCMや広告・チラシなどのマスマーケティングやセミナー、紹介がメイン。
  →マスマーケティングは費用対効果が良くないため、他の方法で新規開拓を行いたい。
富裕層をターゲットにしていきたいが、富裕層を特定できない。
  →外見や自行への預金金額だけでは見えてこない潜在的な優良顧客を特定していきたい。
・新規ターゲットリストはプライバシーポリシー上、活用しにくい。
  →銀行にとっては信用は第一。信用を崩さずに、データを活用した新規開拓を実現したい。

課題解決策

①費用対効果が明白なダイレクトマーケティングによる顧客アプローチを実現。
②ランドスケイプ保有の富裕層データベースより、富裕層属性を付与し、潜在的優良顧客を特定。
③タブレットやスマホ等の地図ツールを活用し、ランドスケイプの富裕層データベースを統合し、
 エリアマーケティングを実現。

ソリューションイメージ

富裕層データ

結果

・他行をメインバンクとして利用していると思われる潜在的優良顧客を特定
・預金残高の向上、投資信託への展開など、クライアントに合った新しい提案を可能に。

富裕層データの活用により効率的な営業展開を実現



>>関連サービス
消費者/個人情報データベース
富裕層データベース
BtoC購買ポテンシャル分析


ランドスケイプでは210万件の富裕層データベースをもとに、ラグジュアリー消費者のネットワークを通じた富裕層サーベイ、デプスインタビュー調査を行っています。詳しくはこちらからパンフレットをダウンロードください。


資料請求 / お問い合わせ

使用しているSFA、MAの顧客データとの連携は?
気になることはぜひお問い合わせください。

お急ぎの方、電話にて問い合わせをしたいお客様は 03-5388-7000 受付時間 9:30~18:30(土日祝休)

RSSフィード登録

新着情報をリアルタイムにお届け。以下URLをコピーし登録してください。

登録すると最新情報をリアルタイムでお知らせ