CASE / PERFORMANCE CASE / PERFORMANCE [情報通信業][BtoBマーケティング]企業データ「LBC」の属性情報を複合的に活用した分析により、優先アプローチ対象を明確化

クライアントプロフィール

業種 ICT事業
商材 ICT関連ソリューション など

背景・課題

企業データ「LBC」を導入し、マーケティング部が様々な角度から分析し、ターゲティングを実施。
しかし、営業部は自身の経験則に基づいて営業を行うため、分析結果があまり活用されず、戦略的な営業活動ができない。
  ⇒第三者の視点で客観的な分析を実施し、営業が動くための動機付けを強化。
  分析結果を元にした戦略的な営業活動を行いたい。

課題解決策

既存顧客データ(LBC属性付き)を受領し、LBCの企業属性(業種、売上高、従業員数など)を複合的に活用。
優良顧客の傾向を詳細に分析・モデル化し、未だ優良となっていない既存顧客・ターゲット市場の企業に対して
ポテンシャルスコアを付与し、効率的に優先アプローチ対象を抽出。
また、購買商品別にLBC属性で傾向をつかみ、クロスセル対象の明確化を実現。

ソリューションイメージ     ※画像をクリックすると、拡大表示できます。

企業データ「LBC」の企業属性を活用したデータ分析

①注力フォロー対象の可視化(ポテンシャルスコアの付与)
企業属性分析

②クロスセル対象の可視化
クロスセル分析

結果

「誰に(WHO)、何を(WHAT)、なぜ(WHY)」案内すべきかを明確化。
漏れなく優先アプローチ対象を可視化し、無駄なく効率的な営業活動を実現。



>>関連サービス
企業データベース「LBC」
ABMツール「uSonar」
データ統合
データクレンジング(データクリーニング)
名寄せ


ランドスケイプでは日本最大の企業データ「LBC」と、顧客データ統合ツール「uSonar」を用いてBtoB企業のマーケティングを支援しています。 詳しくはこちらからパンフレットをダウンロードください。

RSSフィード登録

新着情報をリアルタイムにお届け。以下URLをコピーし登録してください。

登録すると最新情報をリアルタイムでお知らせ