CASE / PERFORMANCE CASE / PERFORMANCE [サービス業][BtoBマーケティング]SalesforceとuSonarを自動連携し、データ整備の手間なく一元管理を実現。

クライアントプロフィール

業種 サービス業
商材 旅行関連サービス

背景・課題

長年独自開発したツールを活用している。
 -表記統一されていない顧客データが蓄積されており、データメンテナンスを実施したい。
 -既存顧客の状況把握に加えて、ホワイトスペースを可視化し、新規顧客の開拓を実施したい。
⇒Salesforceの導入を検討しており、Salesforceと連携できるツールを探している。

課題解決策

企業データベース『LBC』を搭載したデータ統合ツール『uSonar』、名刺管理アプリ『u名刺』を導入。
表記統一されていない顧客データをメンテナンスし、『u名刺』の活用により、名刺データも含めて企業単位でのデータ統合を可能に。
また、Salesforceと自動連携することにより、Salesforce内のデータもきれいな状態で保つことを実現。


ソリューションイメージ

190122_1.png

結果

uSonarとSalesforceの自動連携により、以下の2点を実現。
・Salesforce内のデータを自動でメンテナンスし、表記ゆれをなくして正規化を実現。
・顧客データ統合により、正確なホワイトスペースの可視化を実現。



>>関連サービス
データ統合ツール「uSonar」
企業情報データベース
データ統合ソリューション「LBC」
データクレンジング(データクリーニング/名寄せ)


ランドスケイプでは日本最大の企業データ「LBC」と、顧客データ統合ツール「uSonar」を用いてBtoB企業のマーケティングを支援しています。 詳しくはこちらからパンフレットをダウンロードください。

RSSフィード登録

新着情報をリアルタイムにお届け。以下URLをコピーし登録してください。

登録すると最新情報をリアルタイムでお知らせ