CASE / PERFORMANCE CASE / PERFORMANCE [受託開発ソフトウェア業][BtoBマーケティング]顧客データ管理の業務時間を50.7%削減。uSonar導入で顧客データを有効活用へ

クライアントプロフィール

業種 受託開発ソフトウェア業
商材 ソフトウェア

顧客データの管理と運用に関する背景・課題

①企業情報のメンテナンスが出来ていない。 都度、企業ホームページを検索するのも工数がかかる。
②キャンペーンや商材(部署)ごとに顧客データを管理しているためデータが散在してしまっている。
③顧客データが一元化されていない。
  そのため、顧客データとキャンペーン履歴を関連づけることができていない。
  結果として、キャンペーンごとの効果を正確に測定することが難しい
④顧客データを活用したアップセルやクロスセルの活動ができていない
  たとえば自社の営業部内の一つの部署が接点を持っている顧客データがあった場合、
  自社の別の営業部門が該当する顧客データに対して営業活動を展開できていない。

課題解決策

顧客データの管理と運用の業務を効率化することを目的に、日本最大の企業データ『LBC』を搭載した顧客データ統合ツール『uSonar』を導入した。
企業データ『LBC』をマスタとして、顧客データ統合(名寄せ)を実現した。
結果として顧客データを 1)企業情報 2)部署/担当者情報 3)営業関連活動 のすべてを関連付け/紐付けを可能とする運用体制を構築した。 また、企業データ『LBC』をキーとして顧客データのメンテナンスの自動化も実現した。


ソリューションイメージ

データ整備の自動化

結果

顧客データの管理ならびに運用に関する業務時間が、データベース統合ツール「uSonar」を導入した結果、
50.7%の業務時間の削減につなげることができた。


また顧客データが名寄せ統合されたため、営業部部内での共有と活用も進んだ。
顧客データを活用したクロスセル、アップセルの営業活動が展開することができている。



>>関連サービス
企業データベース「LBC」
ABMツール「uSonar」
データ統合
データクレンジング(データクリーニング)
名寄せ


ランドスケイプでは日本最大の企業データ「LBC」と、顧客データ統合ツール「uSonar」を用いてBtoB企業のマーケティングを支援しています。 詳しくはこちらからパンフレットをダウンロードください。

RSSフィード登録

新着情報をリアルタイムにお届け。以下URLをコピーし登録してください。

登録すると最新情報をリアルタイムでお知らせ