BLOG BLOG アサヒビジネスソリューションズ社共催セミナー実施報告記事。飲食店情報の名寄せ・データクレンジングを実現

2018年10月29日

2018年10月11日、アサヒビジネスソリューションズ社共催で、事例紹介セミナーを開催しました。

「飲食店情報の名寄せ・データクレンジングを実現!アサヒビジネスソリューションズ社が使用する企業情報データとは?」

実際のユーザーのアサヒグループが日本最大820万件の企業情報データベースを活用した、飲食店情報活用・整備の事例をセミナー内で紹介しました。

本記事はセミナーの紹介記事です。

 概 要 


第一部 アサヒビジネスソリューションズ株式会社

第二部 株式会社ランドスケイプ




 詳 細 

第一部 
『飲食店を中心とした法人データの情報整理でアサヒビジネスソリューションズが活用した、LBCの利点とは?』

アサヒビジネスソリューションズ株式会社 小西敏夫氏

キャプチャ13.png

アサヒビジネスソリューションズ社は、アサヒグループの営業・販売・生産・物流・財務の一貫したシステムの提案、開発から運用を担っている会社です。
その中で、アサヒビール社が課題としていた飲食店情報管理の課題解決事例を紹介しました。


1.アサヒビール社の思いと悩み
アサヒグループとランドスケイプのお付き合いは8年以上前にさかのぼりますが、当時アサヒビール社は全国約70万あるといわれる、宿泊業・飲食サービス業を主とする店舗データ整備をどのように対応するか、悩んでいました。
その中で、以下のような内容で整備をしたいと考えていました。
・獲得した法人情報を一定の表記ルールで整備
・正しい住所・電話番号で統一
・どこの企業傘下(チェーン)か把握
・廃業情報の検知、情報精度維持
しかし、どこからどのように情報を収集し、どのように照合・整備していくかという問題にぶつかっていました。

2.飲食店情報整備の難しさ
グルメサイト、宿泊情報サイト、業種に特化した情報検索サイトはありましたが、サイトにより情報の網羅度にばらつきがあり、全国全ての飲食店情報を把握することは困難であるという状況でした。
更には、約半数が2年以内に廃業すると言われる飲食店情報では、素早い廃業情報の把握が非常に難しく、データ精度維持の大きな壁となっていました。

3.課題を解決下網羅性の高いデータベース「LBC」の導入
アサヒグループは課題解決の為、ランドスケイプが構築している820万件の法人事業所情報データベース「LBC」を導入しました。
「LBC」とは国内の法人及びその法人に紐づく事務所/店舗の情報まで網羅しているデータベースです。
このデータベースをもとになかなか網羅ができなかった全国の飲食店情報の把握、表記の統一化を実現しました。また、「LBC」は倒産や廃業で現在は存在しない情報もバックに控えており、その数は380万件以上にのぼります。その過去の情報を活かして、電話番号不通チェックも行っているため、閉店情報の把握も可能になりました。
「LBC」の仕組みについては、続く第2部ランドスケイプが解説しました。



第二部 
『アサヒビジネスソリューションズ社の悩みを解決した、事業所情報マスタ「LBC」とは?』

株式会社ランドスケイプ 営業本部企画グループ 執行役員 長竹 克仁

キャプチャ14.png

ランドスケイプからは、法人情報管理及び整備の難しさやポイントについてと、820万件の法人事業所情報データベース「LBC」の詳細を紹介しました。

1.法人情報の整備は難しい
前述のようにアサヒビール社は、飲食店店舗情報の網羅/収集及び精度維持に悩みを抱えていましたが、飲食店のデータに限らず、こういったデータ管理の課題はどの企業にも起こりる問題です。
一例ですが、例えば下図のような状況に心当たりはないでしょうか。
重複や不備は非常に簡単に引き起こり、倒産・新設などの情報も日々チェックしなければならないとなると、未然に防ぐためのメンテナンスは果てしないという状況です。

キャプチャ15.png
データベースをきれいに保つために、データ整備のポイントを2つ紹介しました。
①SFAツールの導入や、システム構築及び刷新時に全件を整備
②ツール導入後の運用時からは、整備の自動化
この2点を押さえておくことです。

そこで、1つの手法として外部データベースの活用を紹介しました。
アサヒビール社事例でも登場している法人事業所情報データベース「LBC」をランドスケイプでは構築・提供しています。前述の通り、820万件の国内の法人事業所の拠点を網羅したデータベースを独自構築しています。そして、これらの拠点1つ1つに独自のコードを採番し、このコードをベースに管理をすることでデータ管理の整備をするサービスを展開しています。

また、日々変化する企業情報を常に調査を行い、最新の情報に更新をすることで、情報鮮度も維持することが可能です。
過去の情報をベースにすることはもちろんのこと、各種ナレッジマスタを保有しているため、高精度な名寄せ及びデータクレンジングを実現します。
最近では、各種ツールとの連携を行い、データ整備の自動化に取り組んでいる企業様も増えてきています。
法人情報の大辞典として、「LBC」は辞書のような働きをし、各社様でお悩みの法人情報一元化、データ整備の悩みを解消しています。
詳細や各社の取り組みについては当社ホームページをご覧ください。
https://www.landscape.co.jp/
国内の法人事業所の情報を網羅!「LBC」についてはコチラ
https://www.landscape.co.jp/service/lbc/

メールマガジン配信中

この記事は役に立ちましたか?
ランドスケイプはデータベースマーケティングに長年携わったノウハウがあり、
データベースマーケティングについて学びたい方、また活用したい方に向けた情報をメルマガで発信しています。ご興味のある方はぜひ下記リンクからメールマガジン配信に登録してみてください。

資料請求 / お問い合わせ

使用しているSFA、MAの顧客データとの連携は?
気になることはぜひお問い合わせください。

お急ぎの方、電話にて問い合わせをしたいお客様は 03-5388-7000 受付時間 9:30~18:30(土日祝休)

RSSフィード登録

新着情報をリアルタイムにお届け。以下URLをコピーし登録してください。

登録すると最新情報をリアルタイムでお知らせ