りそな銀行、法人番号を活用したデータ統合ソリューションを導入
~Sales Cloudの機能を強化したデータ利活用基盤を構築~

2018年05月21日

  • 導入事例

データベースマーケティングを支援する株式会社ランドスケイプ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:福富 七海、以下 ランドスケイプ)は、 株式会社りそな銀行(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:東 和浩、以下 りそな銀行)に法人番号を活用したデータ統合ソリューションとして、日本最大の法人マスタデータ「LBC」を搭載した顧客データ統合ソリューション「ユーソナー(uSonar)」、名刺管理アプリ「ユー名刺(u名刺)」を提供したことをお知らせいたします。

りそな銀行様IMAGE①.jpg

■導入経緯
りそな銀行は中小・零細企業のマーケティング強化のために、820万拠点を網羅する法人マスタデータ「LBC」を搭載した顧客データ統合ソリューション「ユーソナー(uSonar)」を導入しました。 また、データの有効活用を目的として、セールスフォース・ドットコム社が提供する営業支援ツール(SFA)「Sales Cloud」を導入しましたが、以下3点に課題を感じていました。
・ 統一コード(法人番号)による顧客情報の一元管理
・ 企業属性を活用した最適な戦略の立案
・ 名刺情報を全社共有することによるバッティングの防止

そこで、りそな銀行は顧客データ統合ソリューション「ユーソナー」と「Sales Cloud」を連携し、法人番号や企業属性を顧客情報に付与することにより、データの一元化を実現しました。その後、名刺管理アプリ「ユー名刺」を導入し、データを有効活用するためのシステム基盤を構築しました。 「ユー名刺」は今後、全支店にて2,000IDの導入を検討しており、データ活用の幅を広げていく予定です。

りそな銀行様IMAGE②.png

■法人番号と連携した「LBC」の活用メリット
法人番号を紐付けるには、クライアントへ開示請求を行う、もしくは1社ずつ調査を行うしか方法がありませんでした。そこで、法人番号と連携した「LBC」を活用することにより、手間をかけず、自動で法人番号の付与を実現します。 また、「LBC」を活用することにより、本社単位だけでなく、事業所まで正確にグループ関係を把握し、顧客情報を管理することが可能です。

■顧客データ統合ソリューション「ユーソナー」と名刺管理アプリ「ユー名刺」の導入メリット
日本最大の法人マスタデータ「LBC」を搭載した「ユーソナー」と「Sales Cloud」が連携することにより、SFAの機能を強化することが可能です。「ユーソナー」と「Sales Cloud」、「ユー名刺」を中心とし、データを有効活用するシステム基盤の構築を実現しました。
① 統一コードとなる法人番号を自動で付与できるため、データメンテナンスにかかる工数を削減。
② 業種や売上高などの企業属性を活用した効率的な戦略の立案を実現。
③ 「ユー名刺」で登録した名刺情報をリアルタイムに表示することができ、名刺情報の全社共有を実現。



<「Sales Cloud」について>
セールスフォース・ドットコム社の革新的なクラウド型ビジネスアプリケーションです。見込み客の開拓や新規顧客の獲得、スピーディな商談成約、スマートな営業、カスタマーサービス、マーケティングを実現し、ビジネスの成長と拡大をもたらします。
https://www.salesforce.com/jp/

<法人マスタデータ「LBC」について>
ランドスケイプが構築した日本全国(約820万拠点)の事業所に、11桁の管理コードを採番した法人マスタデータです。「LBC」は法人番号や業種、売上規模などの企業属性だけでなく、企業コード体系により、親会社・子会社などの企業の資本関係や本社・事業所関係などの企業系列まで把握することが可能です。
https://www.landscape.co.jp/service/lbc/

LBC_リリース用.png

<顧客データ統合ソリューション「ユーソナー(uSonar)」について>
顧客に関わる様々な情報を統合し、管理することができるクラウド型のデータ統合ツールです。ランドスケイプが長年培ってきた様々なフォーマットのデータをクレンジングするノウハウや、自社構築した法人マスタデータ「LBC」が搭載されています。CRM/SFAや名刺管理、MA(マーケティングオートメーション)、DMPなどのソリューションとの連携が可能です。
https://www.landscape.co.jp/service/usonar/

uSonar.png

<名刺管理アプリ「ユー名刺(u名刺)」について>
ランドスケイプが保有する日本最大の法人マスタデータ「LBC」(820万拠点)を活用した名刺管理アプリです。OCR(光学文字認識)のデータ解析技術に「LBC」をマスター辞書として活用することにより、名刺を撮影するだけで瞬時にデータ補正し、高精度な名刺のデータ化が可能です。 また、名刺データに業種や売上高、法人番号などの属性情報も付与することができ、名刺データの即時活用を実現します。
https://www.landscape.co.jp/service/usonar/u-meishi/

ランドスケイプは、今後とも「情報が企業を自由にする」という企業スローガンを掲げ、お客様のデータ利活用を促進するためのシステム基盤の構築を支援してまいります。



<りそな銀行の概要>

会社名 :株式会社りそな銀行
所在地 :大阪府大阪市中央区備後町2-2-1
代表者 :代表取締役社長 東 和浩
設立 :1918年5月15日(営業開始日2003年3月3日)
資本金 :2,799億円
事業内容 :預金業務、貸出業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業務 ほか
URL http://www.resonabank.co.jp/


※記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標又は登録商標です。

データベースマーケティングを支援する株式会社ランドスケイプ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:福富 七海、以下 ランドスケイプ)は、 株式会社りそな銀行(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:東 和浩、以下 りそな銀行)に法人番号を活用したデータ統合ソリューションとして、日本最大の法人マスタデータ「LBC」を搭載した顧客データ統合ソリューション「ユーソナー(uSonar)」、名刺管理アプリ「ユー名刺(u名刺)」を提供したことをお知らせいたします。

りそな銀行様IMAGE①.jpg

■導入経緯
りそな銀行は中小・零細企業のマーケティング強化のために、820万拠点を網羅する法人マスタデータ「LBC」を搭載した顧客データ統合ソリューション「ユーソナー(uSonar)」を導入しました。 また、データの有効活用を目的として、セールスフォース・ドットコム社が提供する営業支援ツール(SFA)「Sales Cloud」を導入しましたが、以下3点に課題を感じていました。
・ 統一コード(法人番号)による顧客情報の一元管理
・ 企業属性を活用した最適な戦略の立案
・ 名刺情報を全社共有することによるバッティングの防止

そこで、りそな銀行は顧客データ統合ソリューション「ユーソナー」と「Sales Cloud」を連携し、法人番号や企業属性を顧客情報に付与することにより、データの一元化を実現しました。その後、名刺管理アプリ「ユー名刺」を導入し、データを有効活用するためのシステム基盤を構築しました。 「ユー名刺」は今後、全支店にて2,000IDの導入を検討しており、データ活用の幅を広げていく予定です。

りそな銀行様IMAGE②.png

■法人番号と連携した「LBC」の活用メリット
法人番号を紐付けるには、クライアントへ開示請求を行う、もしくは1社ずつ調査を行うしか方法がありませんでした。そこで、法人番号と連携した「LBC」を活用することにより、手間をかけず、自動で法人番号の付与を実現します。 また、「LBC」を活用することにより、本社単位だけでなく、事業所まで正確にグループ関係を把握し、顧客情報を管理することが可能です。

■顧客データ統合ソリューション「ユーソナー」と名刺管理アプリ「ユー名刺」の導入メリット
日本最大の法人マスタデータ「LBC」を搭載した「ユーソナー」と「Sales Cloud」が連携することにより、SFAの機能を強化することが可能です。「ユーソナー」と「Sales Cloud」、「ユー名刺」を中心とし、データを有効活用するシステム基盤の構築を実現しました。
① 統一コードとなる法人番号を自動で付与できるため、データメンテナンスにかかる工数を削減。
② 業種や売上高などの企業属性を活用した効率的な戦略の立案を実現。
③ 「ユー名刺」で登録した名刺情報をリアルタイムに表示することができ、名刺情報の全社共有を実現。



<「Sales Cloud」について>
セールスフォース・ドットコム社の革新的なクラウド型ビジネスアプリケーションです。見込み客の開拓や新規顧客の獲得、スピーディな商談成約、スマートな営業、カスタマーサービス、マーケティングを実現し、ビジネスの成長と拡大をもたらします。
https://www.salesforce.com/jp/

<法人マスタデータ「LBC」について>
ランドスケイプが構築した日本全国(約820万拠点)の事業所に、11桁の管理コードを採番した法人マスタデータです。「LBC」は法人番号や業種、売上規模などの企業属性だけでなく、企業コード体系により、親会社・子会社などの企業の資本関係や本社・事業所関係などの企業系列まで把握することが可能です。
https://www.landscape.co.jp/service/lbc/

LBC_リリース用.png

<顧客データ統合ソリューション「ユーソナー(uSonar)」について>
顧客に関わる様々な情報を統合し、管理することができるクラウド型のデータ統合ツールです。ランドスケイプが長年培ってきた様々なフォーマットのデータをクレンジングするノウハウや、自社構築した法人マスタデータ「LBC」が搭載されています。CRM/SFAや名刺管理、MA(マーケティングオートメーション)、DMPなどのソリューションとの連携が可能です。
https://www.landscape.co.jp/service/usonar/

uSonar.png

<名刺管理アプリ「ユー名刺(u名刺)」について>
ランドスケイプが保有する日本最大の法人マスタデータ「LBC」(820万拠点)を活用した名刺管理アプリです。OCR(光学文字認識)のデータ解析技術に「LBC」をマスター辞書として活用することにより、名刺を撮影するだけで瞬時にデータ補正し、高精度な名刺のデータ化が可能です。 また、名刺データに業種や売上高、法人番号などの属性情報も付与することができ、名刺データの即時活用を実現します。
https://www.landscape.co.jp/service/usonar/u-meishi/

ランドスケイプは、今後とも「情報が企業を自由にする」という企業スローガンを掲げ、お客様のデータ利活用を促進するためのシステム基盤の構築を支援してまいります。



<りそな銀行の概要>

会社名 :株式会社りそな銀行
所在地 :大阪府大阪市中央区備後町2-2-1
代表者 :代表取締役社長 東 和浩
設立 :1918年5月15日(営業開始日2003年3月3日)
資本金 :2,799億円
事業内容 :預金業務、貸出業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業務 ほか
URL http://www.resonabank.co.jp/


※記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標又は登録商標です。