UTグループ、顧客データ統合ソリューション「ユーソナー」を導入し、データ利活用の基盤を構築
~既存顧客との関係性を活かした効率的なグループ攻略を実現~

2018年09月19日

  • 導入事例

データベースマーケティングを支援する株式会社ランドスケイプ (本社:東京都新宿区、代表取締役社長:福富 七海、以下 ランドスケイプ)は、UTグループ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 兼 CEO:若山 陽一、以下 UTグループ)に日本最大の法人マスタデータ「LBC」を搭載した顧客データ統合ソリューション「ユーソナー(uSonar)」を提供したことをお知らせします。その結果、企業単位での取引を正確に把握し、資本系列関係を活用した効率的なグループ攻略を実現しました。

Brandmark_Tagline_H.jpg

■導入経緯
UTグループはJASDAQ上場の国内最大級の総合エンジニア企業として、専門技能や技術を持ったエンジニアを育成し、製造業へ向けて派遣しています。7期連続で増収増益を達成しており、今後もさらに業績を拡大していくためにデータを活用した営業戦略の立案を検討していました。
しかし、データを活用した営業戦略を立案する上で以下2点に課題を感じていました。
① 企業管理コードを保有しておらず、データの表記ゆれや不備などにより重複データが発生している。
② グループ攻略を行うために既存顧客の資本系列関係を把握したいが、手作業で紐付ける必要があり、工数がかかる。

そこで、上記課題を解決し、既存顧客のデータを活用すべくUTグループは顧客データ統合ソリューション「ユーソナー(uSonar)」を導入しました。

■顧客データ統合ソリューション「uSonar」の導入メリット
① 「LBC」が持つ企業管理コード(LBCコード)を付与し、既存顧客のデータを名寄せ。
  併せて、取引実績の高い企業に対する手厚いフォローを実現。
② 「LBC」は日本全国の工場の情報も網羅しているため、工場へのターゲティングを容易に実現。
③ 本社-事業所などの資本系列を自動で紐付けることにより、既存顧客の関係性を活かした効率的なグループ攻略を実現。



<法人マスタデータ「LBC」について>
ランドスケイプが構築した日本全国(約820万拠点)の事業所に、11桁の管理コードを採番した法人マスタデータです。「LBC」は法人番号や業種、売上規模などの企業属性だけでなく、企業コード体系により、親会社・子会社などの企業の資本関係や本社・事業所関係などの企業系列まで把握することが可能です。
https://www.landscape.co.jp/service/lbc/

LBC_リリース用.png

<顧客データ統合ソリューション「ユーソナー(uSonar)」について>
顧客に関わる様々な情報を統合し、管理することができるクラウド型のデータ統合ツールです。ランドスケイプが長年培ってきた様々なフォーマットのデータをクレンジングするノウハウや、自社構築した法人マスタデータ「LBC」が搭載されています。CRM/SFAや名刺管理、MA(マーケティングオートメーション)、DMPなどのソリューションとの連携が可能です。
https://www.landscape.co.jp/service/usonar/

uSonar.png

ランドスケイプは、今後も様々な企業様のデータ統合やデータ利活用の基盤構築を支援してまいります。



<UTグループの概要>

会社名 :UTグループ株式会社
所在地 :東京都品川区東五反田1丁目11-15 電波ビル6階
代表者 :代表取締役社長 兼 CEO 若山 陽一
設立 :2007年4月2日
資本金 :6.8億円(2017年9月30日現在)
事業内容 :製造・設計・開発・建築分野等の無期雇用派遣事業
URL https://www.ut-g.co.jp/


※記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標又は登録商標です。

データベースマーケティングを支援する株式会社ランドスケイプ (本社:東京都新宿区、代表取締役社長:福富 七海、以下 ランドスケイプ)は、UTグループ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 兼 CEO:若山 陽一、以下 UTグループ)に日本最大の法人マスタデータ「LBC」を搭載した顧客データ統合ソリューション「ユーソナー(uSonar)」を提供したことをお知らせします。その結果、企業単位での取引を正確に把握し、資本系列関係を活用した効率的なグループ攻略を実現しました。

Brandmark_Tagline_H.jpg

■導入経緯
UTグループはJASDAQ上場の国内最大級の総合エンジニア企業として、専門技能や技術を持ったエンジニアを育成し、製造業へ向けて派遣しています。7期連続で増収増益を達成しており、今後もさらに業績を拡大していくためにデータを活用した営業戦略の立案を検討していました。
しかし、データを活用した営業戦略を立案する上で以下2点に課題を感じていました。
① 企業管理コードを保有しておらず、データの表記ゆれや不備などにより重複データが発生している。
② グループ攻略を行うために既存顧客の資本系列関係を把握したいが、手作業で紐付ける必要があり、工数がかかる。

そこで、上記課題を解決し、既存顧客のデータを活用すべくUTグループは顧客データ統合ソリューション「ユーソナー(uSonar)」を導入しました。

■顧客データ統合ソリューション「uSonar」の導入メリット
① 「LBC」が持つ企業管理コード(LBCコード)を付与し、既存顧客のデータを名寄せ。
  併せて、取引実績の高い企業に対する手厚いフォローを実現。
② 「LBC」は日本全国の工場の情報も網羅しているため、工場へのターゲティングを容易に実現。
③ 本社-事業所などの資本系列を自動で紐付けることにより、既存顧客の関係性を活かした効率的なグループ攻略を実現。



<法人マスタデータ「LBC」について>
ランドスケイプが構築した日本全国(約820万拠点)の事業所に、11桁の管理コードを採番した法人マスタデータです。「LBC」は法人番号や業種、売上規模などの企業属性だけでなく、企業コード体系により、親会社・子会社などの企業の資本関係や本社・事業所関係などの企業系列まで把握することが可能です。
https://www.landscape.co.jp/service/lbc/

LBC_リリース用.png

<顧客データ統合ソリューション「ユーソナー(uSonar)」について>
顧客に関わる様々な情報を統合し、管理することができるクラウド型のデータ統合ツールです。ランドスケイプが長年培ってきた様々なフォーマットのデータをクレンジングするノウハウや、自社構築した法人マスタデータ「LBC」が搭載されています。CRM/SFAや名刺管理、MA(マーケティングオートメーション)、DMPなどのソリューションとの連携が可能です。
https://www.landscape.co.jp/service/usonar/

uSonar.png

ランドスケイプは、今後も様々な企業様のデータ統合やデータ利活用の基盤構築を支援してまいります。



<UTグループの概要>

会社名 :UTグループ株式会社
所在地 :東京都品川区東五反田1丁目11-15 電波ビル6階
代表者 :代表取締役社長 兼 CEO 若山 陽一
設立 :2007年4月2日
資本金 :6.8億円(2017年9月30日現在)
事業内容 :製造・設計・開発・建築分野等の無期雇用派遣事業
URL https://www.ut-g.co.jp/


※記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標又は登録商標です。