ランドスケイプとビザスクが業務提携
~日本最大の企業データベースと日本最大級のナレッジプラットフォームで企業支援を加速~

2021年12月17日

  • 製品ニュース

日本最大の企業データベースで企業のマーケティングを支援する株式会社ランドスケイプ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長竹 克仁、以下 ランドスケイプ)は、17日、ナレッジプラットフォームで企業のイノベーションを支援する株式会社ビザスク(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:端羽 英子、マザーズ上場、以下 ビザスク)と業務提携しましたので発表します。第1弾として、ランドスケイプの「サイドソナー」とビザスクの「ビザスクinterview」サイト連携を行いました。両社は今回の提携を通して、よりスピーディなリサーチ課題の解決サービスを、企業社会に提供してまいります。

LOGO.jpg

■業務提携の背景
一般に、企業がある業界を対象にマーケティング調査を行う際、その業界に詳しい専門家の話を聞きたいがルートがない、といった課題があります。この課題を解決するため、ビザスクは、40万人超の各業界・業務経験者であるアドバイザーの知見に関するデータベースを活用し、あらゆる調査の課題に対し、精通したアドバイザーからクイックに知見を得られるサービスを提供しています。一方ランドスケイプは、国内企業の拠点を網羅した独自の企業データベース「LBC」を持ち、クラウド型サービス「ユーソナー」「サイドソナー」を通じて企業情報を契約先企業に提供し、見込み顧客リストの作成などの営業マーケティング活動を支援しています。「知見データべ―ス」と「企業データベース」というお互いの強みを持ち寄ることで、より強力でスピーディなマーケティング調査解決サービスの提供が可能になると考えました。

■業務提携の概要と期待する顧客メリット
業務提携の第1弾として、ランドスケイプの主力サービスである「サイドソナー」に、「ビザスクinterview」ページにジャンプできるボタンを設置しました。サイドソナー利用企業は、アドバイザーの助言を得たい時、すぐにビザスク側ページにて申し込むことができます。
提携の第2弾として、2022年2月10日(木)に 『30分でわかる。新規事業を成功にみちびく。』 と題した共同セミナーを実施します。ぜひお申し込みください。
申込先URL=https://www.landscape.co.jp/seminar/20220210_5575.html

IMAGE.jpg


<サイドソナー(sideSonar)について>
CRM/SFAに、日本最大の企業データベース「LBC」を連動させるリードジェネレーション強化ツールです。企業情報の検索・表示、アプローチ有無の把握、データ登録支援、名寄せ支援、WEBアクセス企業のリアルタイム表示など、CRM/SFAの機能を強化し、営業活動の効率を飛躍的に高めます。
https://www.landscape.co.jp/service/usonar/#sidesonar

<ビザスクinterviewについて>
求める知見を持つアドバイザーから直接話が聞けるスポットコンサルサービスです。国内/海外あわせて40万人超が登録する知見データベースを活用し、当社がアドバイザーの選定から知見の有無確認などを行うことで、たしかな一次情報の収集を実現します。
https://visasq.co.jp/service/interview

今後も両社は顧客企業の利便性向上につながる連携を推進してまいります。



<ビザスクについて>
「知見と、挑戦をつなぐ」をミッションに、世界中のイノベーションを支えるナレッジプラットフォームを運営しています。国内外40万人超の知見データベースを活用し、新規事業開発における業界研究やニーズ調査、人材育成、グローバル進出等、様々な課題の解決に、テクノロジーと高度なオペレーションで個人の知見をピンポイントにマッチングします。第4回「日本ベンチャー大賞」経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞。経済産業省より「J-Startup企業」に選出されました。2020年3月10日、東証マザーズ上場。2021年11月、米国同業のColeman Research Group Inc.を買収しました。

会社名 :株式会社ビザスク
所在地 :東京都目黒区青葉台4-7-7 住友不動産青葉台ヒルズ9F
代表者 :代表取締役CEO 端羽 英子
設立 :2012年3月
事業内容 :ビジネス領域特化のグローバルなナレッジプラットフォームの運営、新規事業創出/組織開発支援
URL https://visasq.co.jp/


※記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標又は登録商標です。

日本最大の企業データベースで企業のマーケティングを支援する株式会社ランドスケイプ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長竹 克仁、以下 ランドスケイプ)は、17日、ナレッジプラットフォームで企業のイノベーションを支援する株式会社ビザスク(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:端羽 英子、マザーズ上場、以下 ビザスク)と業務提携しましたので発表します。第1弾として、ランドスケイプの「サイドソナー」とビザスクの「ビザスクinterview」サイト連携を行いました。両社は今回の提携を通して、よりスピーディなリサーチ課題の解決サービスを、企業社会に提供してまいります。

LOGO.jpg

■業務提携の背景
一般に、企業がある業界を対象にマーケティング調査を行う際、その業界に詳しい専門家の話を聞きたいがルートがない、といった課題があります。この課題を解決するため、ビザスクは、40万人超の各業界・業務経験者であるアドバイザーの知見に関するデータベースを活用し、あらゆる調査の課題に対し、精通したアドバイザーからクイックに知見を得られるサービスを提供しています。一方ランドスケイプは、国内企業の拠点を網羅した独自の企業データベース「LBC」を持ち、クラウド型サービス「ユーソナー」「サイドソナー」を通じて企業情報を契約先企業に提供し、見込み顧客リストの作成などの営業マーケティング活動を支援しています。「知見データべ―ス」と「企業データベース」というお互いの強みを持ち寄ることで、より強力でスピーディなマーケティング調査解決サービスの提供が可能になると考えました。

■業務提携の概要と期待する顧客メリット
業務提携の第1弾として、ランドスケイプの主力サービスである「サイドソナー」に、「ビザスクinterview」ページにジャンプできるボタンを設置しました。サイドソナー利用企業は、アドバイザーの助言を得たい時、すぐにビザスク側ページにて申し込むことができます。
提携の第2弾として、2022年2月10日(木)に 『30分でわかる。新規事業を成功にみちびく。』 と題した共同セミナーを実施します。ぜひお申し込みください。
申込先URL=https://www.landscape.co.jp/seminar/20220210_5575.html

IMAGE.jpg


<サイドソナー(sideSonar)について>
CRM/SFAに、日本最大の企業データベース「LBC」を連動させるリードジェネレーション強化ツールです。企業情報の検索・表示、アプローチ有無の把握、データ登録支援、名寄せ支援、WEBアクセス企業のリアルタイム表示など、CRM/SFAの機能を強化し、営業活動の効率を飛躍的に高めます。
https://www.landscape.co.jp/service/usonar/#sidesonar

<ビザスクinterviewについて>
求める知見を持つアドバイザーから直接話が聞けるスポットコンサルサービスです。国内/海外あわせて40万人超が登録する知見データベースを活用し、当社がアドバイザーの選定から知見の有無確認などを行うことで、たしかな一次情報の収集を実現します。
https://visasq.co.jp/service/interview

今後も両社は顧客企業の利便性向上につながる連携を推進してまいります。



<ビザスクについて>
「知見と、挑戦をつなぐ」をミッションに、世界中のイノベーションを支えるナレッジプラットフォームを運営しています。国内外40万人超の知見データベースを活用し、新規事業開発における業界研究やニーズ調査、人材育成、グローバル進出等、様々な課題の解決に、テクノロジーと高度なオペレーションで個人の知見をピンポイントにマッチングします。第4回「日本ベンチャー大賞」経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞。経済産業省より「J-Startup企業」に選出されました。2020年3月10日、東証マザーズ上場。2021年11月、米国同業のColeman Research Group Inc.を買収しました。

会社名 :株式会社ビザスク
所在地 :東京都目黒区青葉台4-7-7 住友不動産青葉台ヒルズ9F
代表者 :代表取締役CEO 端羽 英子
設立 :2012年3月
事業内容 :ビジネス領域特化のグローバルなナレッジプラットフォームの運営、新規事業創出/組織開発支援
URL https://visasq.co.jp/


※記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標又は登録商標です。