ランドスケイプ、Sales Tech領域の強化に向け、 アイティメディアの「ABMデータ」を「サイドソナー」、「名刺ソナー」に搭載
~企業の興味・関心データの活用で、リードジェネレーション機能を拡充~

2022年03月08日

  • 製品ニュース

データベースマーケティングを支援する株式会社ランドスケイプ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長竹 克仁、以下 ランドスケイプ)は、国内最大級のIT総合情報ポータル「ITmedia」を運営するアイティメディア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大槻 利樹、以下 アイティメディア)が提供する「ABMデータ」を、ランドスケイプが提供するリードジェネレーション強化ツール「サイドソナー」及び「名刺ソナー」に搭載したことをお知らせします(2022年3月7日実装)。
社名ロゴ.JPG

「ABMデータ」は、アイティメディアが運営するIT/産業領域の専門メディア群にてベンダーコンテンツを閲覧(資料ダウンロード及びアンケート回答)した企業情報です。直近3カ月間に情報収集が活発化した企業リストとして、製品ジャンル別に購買ニーズが高まっている企業をいち早く特定できます。この「ABMデータ」をランドスケイプの「サイドソナー」及び「名刺ソナー」に搭載することで、リードジェネレーションの機能を拡充し、データの精度や鮮度をより強化しました。

■リードジェネレーション機能を強化した背景
昨今、MA(マーケティングオートメーション)ツール市場の拡大やABM(アカウントベースドマーケティング)の浸透が進む一方で、B2Bの領域ではリードジェネレーション領域が課題とされてきました。情報収集から発注まで長期間を要するB2Bのマーケティングファネルにおいて、アプローチ先の企業はリスト化できるものの、案件獲得のカギとなる「潜在顧客がニーズを持った瞬間」の把握が難しかったことが一因にあります。

そこで、ランドスケイプは、アイティメディアが保有する「ABMデータ」とランドスケイプが保有する日本最大の企業データベース「LBC」を連携することで、これまで把握が困難だった購買ニーズの発生タイミングなどの見込み度を検知できる仕組みを「サイドソナー」及び「名刺ソナー」に搭載しました。

「サイドソナー」及び「名刺ソナー」のリードジェネレーション機能を強化したことにより、他社のリードジェネレーション関連ツールと比べて、より正確に潜在顧客を抽出することが可能になります。
※企業データベース「LBC」や「法人番号」を用いてアイティメディアの「ABMデータ」と連携できる第三者のソリューションは、ランドスケイプの「サイドソナー」と「名刺ソナー」のみです。

■ABMデータのデータソースについて
ABMデータは、以下のアイティメディアが運営するIT/産業領域の専門メディア群にてベンダーコンテンツを閲覧(資料ダウンロード及びアンケート回答)した企業情報です。



ABMデータ.JPG

<サイドソナーについて>
CRM/SFAに、日本最大の企業データベース「LBC」を連動させるリードジェネレーション強化ツールです。企業情報の検索・表示、アプローチ有無の把握、データ登録支援、名寄せ支援、WEBアクセス企業のリアルタイム表示など、CRM/SFAの機能を強化し、営業活動の効率を飛躍的に高めます。https://www.landscape.co.jp/service/usonar/#sidesonar

<名刺ソナーについて>
リアルやオンラインの商談で、交換した相手の名刺を取り込み社内共有するだけでなく、820万拠点を網羅した日本最大の企業データベースLBCの情報が活用できる名刺管理アプリです。名刺は光学文字認識技術によりほぼ即時にデータ化。読み取った相手企業とLBCを紐づけ、業種や売上高、法人番号、建物位置、グループ系列関係、プレスリリースなど、最新情報をすぐに参照できます。さらに相手企業の商業登記簿データ、属する業界の動向やニュース、競合企業の情報も自在に検索できます。
https://meishisonar.jp/

meisisonar.jpg

ランドスケイプは、今後とも日本最大の企業データベース「LBC」を活用して「サイドソナー」と「名刺ソナー」のリードジェネレーション機能の拡充を図ってまいります。



<アイティメディアについて>
テクノロジー関連分野を中心とした情報やサービスを提供する、インターネット専業のメディア企業。月間約4,000万ユニークブラウザで利用されています。IT総合情報ポータル「ITmedia(https://www.itmedia.co.jp/)」、企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット(https://kn.itmedia.co.jp/)」、ITエキスパートのための問題解決メディア「@IT(アットマーク・アイティ)(https://atmarkit.itmedia.co.jp/ )」をはじめ、ターゲット別に数多くのウェブサイトを運営。ITとその隣接領域を中心に、各分野の専門的なコンテンツをいち早く提供します。

会社名 アイティメディア株式会社
所在地 東京都千代田区紀尾井町3-12
代表者 :代表取締役社長 大槻 利樹
設立 19991228
事業内容 インターネット・メディア事業
URL https://corp.itmedia.co.jp/


※記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標又は登録商標です。

データベースマーケティングを支援する株式会社ランドスケイプ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長竹 克仁、以下 ランドスケイプ)は、国内最大級のIT総合情報ポータル「ITmedia」を運営するアイティメディア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大槻 利樹、以下 アイティメディア)が提供する「ABMデータ」を、ランドスケイプが提供するリードジェネレーション強化ツール「サイドソナー」及び「名刺ソナー」に搭載したことをお知らせします(2022年3月7日実装)。
社名ロゴ.JPG

「ABMデータ」は、アイティメディアが運営するIT/産業領域の専門メディア群にてベンダーコンテンツを閲覧(資料ダウンロード及びアンケート回答)した企業情報です。直近3カ月間に情報収集が活発化した企業リストとして、製品ジャンル別に購買ニーズが高まっている企業をいち早く特定できます。この「ABMデータ」をランドスケイプの「サイドソナー」及び「名刺ソナー」に搭載することで、リードジェネレーションの機能を拡充し、データの精度や鮮度をより強化しました。

■リードジェネレーション機能を強化した背景
昨今、MA(マーケティングオートメーション)ツール市場の拡大やABM(アカウントベースドマーケティング)の浸透が進む一方で、B2Bの領域ではリードジェネレーション領域が課題とされてきました。情報収集から発注まで長期間を要するB2Bのマーケティングファネルにおいて、アプローチ先の企業はリスト化できるものの、案件獲得のカギとなる「潜在顧客がニーズを持った瞬間」の把握が難しかったことが一因にあります。

そこで、ランドスケイプは、アイティメディアが保有する「ABMデータ」とランドスケイプが保有する日本最大の企業データベース「LBC」を連携することで、これまで把握が困難だった購買ニーズの発生タイミングなどの見込み度を検知できる仕組みを「サイドソナー」及び「名刺ソナー」に搭載しました。

「サイドソナー」及び「名刺ソナー」のリードジェネレーション機能を強化したことにより、他社のリードジェネレーション関連ツールと比べて、より正確に潜在顧客を抽出することが可能になります。
※企業データベース「LBC」や「法人番号」を用いてアイティメディアの「ABMデータ」と連携できる第三者のソリューションは、ランドスケイプの「サイドソナー」と「名刺ソナー」のみです。

■ABMデータのデータソースについて
ABMデータは、以下のアイティメディアが運営するIT/産業領域の専門メディア群にてベンダーコンテンツを閲覧(資料ダウンロード及びアンケート回答)した企業情報です。



ABMデータ.JPG

<サイドソナーについて>
CRM/SFAに、日本最大の企業データベース「LBC」を連動させるリードジェネレーション強化ツールです。企業情報の検索・表示、アプローチ有無の把握、データ登録支援、名寄せ支援、WEBアクセス企業のリアルタイム表示など、CRM/SFAの機能を強化し、営業活動の効率を飛躍的に高めます。https://www.landscape.co.jp/service/usonar/#sidesonar

<名刺ソナーについて>
リアルやオンラインの商談で、交換した相手の名刺を取り込み社内共有するだけでなく、820万拠点を網羅した日本最大の企業データベースLBCの情報が活用できる名刺管理アプリです。名刺は光学文字認識技術によりほぼ即時にデータ化。読み取った相手企業とLBCを紐づけ、業種や売上高、法人番号、建物位置、グループ系列関係、プレスリリースなど、最新情報をすぐに参照できます。さらに相手企業の商業登記簿データ、属する業界の動向やニュース、競合企業の情報も自在に検索できます。
https://meishisonar.jp/

meisisonar.jpg

ランドスケイプは、今後とも日本最大の企業データベース「LBC」を活用して「サイドソナー」と「名刺ソナー」のリードジェネレーション機能の拡充を図ってまいります。



<アイティメディアについて>
テクノロジー関連分野を中心とした情報やサービスを提供する、インターネット専業のメディア企業。月間約4,000万ユニークブラウザで利用されています。IT総合情報ポータル「ITmedia(https://www.itmedia.co.jp/)」、企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット(https://kn.itmedia.co.jp/)」、ITエキスパートのための問題解決メディア「@IT(アットマーク・アイティ)(https://atmarkit.itmedia.co.jp/ )」をはじめ、ターゲット別に数多くのウェブサイトを運営。ITとその隣接領域を中心に、各分野の専門的なコンテンツをいち早く提供します。

会社名 アイティメディア株式会社
所在地 東京都千代田区紀尾井町3-12
代表者 :代表取締役社長 大槻 利樹
設立 19991228
事業内容 インターネット・メディア事業
URL https://corp.itmedia.co.jp/


※記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標又は登録商標です。