SERVICE / SOLUTIONSERVICE / SOLUTIONサービス / ソリューション


品質が低いデータベースはマーケティング活動を阻害します

CRMやSFA、MA(Marketing Automation)を導入していても、顧客データの管理/見込顧客データの入手に力を入れていても名寄せが出来ていない、書式が統一されていない、重複している、セグメントに必要な情報が不足している等、データの品質が低いと適切なパフォーマンスが発揮できません。

  • BtoB企業の保有データベース課題
  • BtoC企業の保有データベース課題

ランドスケイプは日本最大の企業データベース、消費者データベースをもとに
貴社のデータベースを活用したマーケティング課題を解決します。


サービス / ソリューション概要

クラウド型顧客データ統合ツール uSonar BtoB向け

uSonarは 国内拠点網羅率99.7%の企業データベース・LBCを内包したクラウド型のデータ統合ツールです。貴社保有データをuSonarにアップロード、LBCと連携することでデータクレンジング、属性付与、重点アプローチ企業群の把握ができます。また、各種SFA、CRM、MAツールとも連携が可能です。uSonarを利用することで社内にデータベースのプロフェッショナルがいなくても先進のマーケティング活動が可能です。

Point! Point!

  • 社内に散在し、共有できていなかった顧客データを統合します。
  • SFA・MAの顧客データが使えるデータに生まれ変わります。
  • 企業データベースと統合することで、重点アプローチ先が把握できます。

企業データベース LBC BtoB向け

LBCは 820万拠点、国内拠点網羅率99.7%の企業データベースです。BtoB企業が保有するデータベースの正規化のみならず、企業のグループ関係や部門関係までを可視化することができます。
LBCデータのご提供または貴社保有データをお預かりし、価値の高いマーケティングデータベースを作成・維持します。お客様毎に実施内容をカスタマイズしご提供するソリューションです。

Point! Point!

  • 820万拠点、国内拠点網羅率99.7%の日本最大級の企業データベース
  • 企業の資本関係、本社・事業所関係のグループ情報を保持
  • 日々企業情報の変化をチェック・更新し、データの精度と鮮度を維持
  • 企業の統廃合や社名表記マスターなど、正規化の精度を高めるマスターデータを多数保有

uSonar LBC
uSonarとLBCの選び方

LBCは企業のマスターデータそのもの、いわゆる素材です。LBCは都度のデータクレンジング、データの正規化などを当社または貴社内で実施する場合に最適です。社内にデータベースを扱える方が在籍している場合はLBCを用いて、独自の分析やセグメントを行うことができます。

uSonarはLBCを搭載し、多くのBtoB企業がデータベースマーケティングに活用できるよう、必要な機能を実装したクラウド型顧客データ統合ツールです。社内にデータベースプロフェッショナルがいなくても、すぐに利用できます。

ピンチアウトしてご確認ください

  選ぶ時のポイント 提供形式
uSonar
  • LBCデータだけでなく、BtoBマーケティング機能も活用したい場合
  • LBCと統合したデータベースを日々最新で利用したい場合
  • 社内にデータベースシステムを扱える方がいない場合
  • SFA、CRM、MAと連携して利用したい場合
  • クラウド形式でLBCを搭載したuSonar機能を提供
LBC
  • データベースのメンテナンス、分析がスポットで良い場合
  • 社内にデータベースシステムを扱える方がいらっしゃる場合
  • 課題にあわせて独自にLBCを活用した提供メニューを設定
  • 貴社へLBCデータを提供
  • 貴社保有データをお預かりし、LBCを使いデータベースを最適化しお戻し
  • 各種分析結果レポートなど
DISH

クラウド型コールセンターシステム DISH BtoB向けBtoC向け

DISHは、顧客との全コミュニケーション履歴を一元管理し、顧客視点に立って永続的なコミュニケーションを実現することができるクラウド型コールセンターシステムです。他社CTIと異なり、データベースマーケティングを行うランドスケイプならではの、顧客情報を名寄せする機能の実装、さらにランドスケイプの日本最大のデータベースを活用し(オプション)、未開拓市場を発見・開拓することも可能です。
uSonarとの連携も可能です。

Point! Point!

  • コールセンター業務のあらゆるコミュニケーション履歴を蓄積、顧客データと合わせて情報の一元管理が可能。
  • 顧客データベースとコミュニケーションデータを元に業務設計・コミュニケーションシナリオの設定・実施が可能。
  • コミュニケーションシナリオごとに集計が可能。把握・分析が可能。
IDB

消費者データベース IDB BtoC向け

IDBは、日本国内の総数9,500万件の消費者データベースです。貴社保有データに個人属性を付与し、顧客分析に活用することが可能になります。また、富裕層や団塊の世代などご要望が多いセグメントもパッケージ化しています。
貴社保有データをお預かりし、価値の高いマーケティングデータベースを作成・維持する等、お客様毎にご要望をおうかがいし、サービスをご提供します。

Point! Point!

  • 日本最大、人口の75%をカバーした9,500万件の消費者データベース
  • IDBの活用により貴社保有データを正規化し、様々な属性を付与、利用できる顧客データへ
  • 優良顧客の特性を把握し、類似するターゲットを抽出可能

課題・目的から探す

BtoB向け

取引情報と各種情報がバラバラで散在し、マッチングが大変そう

企業情報データベースLBCで解決する

事業所データ・民間外の情報・新設法人の情報が取得しづらい

企業データベースLBCで解決する

データベースに柔軟性やコード体系、データの母数等の問題がある

企業データベースLBCで解決する

新規開拓先リストをつくるのに時間と手間がかかる

クラウド型顧客データ統合ツールuSonarで解決する

注力すべき新規開拓先を特定するのに必要な情報が揃わない

クラウド型顧客データ統合ツールuSonarで解決する

顧客データに重複、誤入力、揃わない情報、陳腐化した情報がある

クラウド型顧客データ統合ツールuSonarで解決する

営業担当者の新規開拓営業の負荷を軽減させたい

クラウド型のコールセンターシステム(CTI)DISHで解決する

提案のタイミングを逃さないように見込み客へ定期的にコミュニケーションを行い、情報を獲得したい

クラウド型のコールセンターシステム(CTI)DISHで解決する

従来個人向け営業だったが、法人市場の開拓も行いたい

クラウド型のコールセンターシステム(CTI)DISHで解決する

BtoC向け

サンプル申込客に対し、タイミング良く確実にフォローアップしたい

クラウド型のコールセンターシステム(CTI)DISHで解決する

重要顧客へのプレミアムな対応の実現

クラウド型のコールセンターシステム(CTI)DISHで解決する

購買ポテンシャルがある顧客に営業をかけたいが、データをもっていないためアプローチできない

消費者データベース IDBで解決する

資料請求 / お問い合わせ

現在使用しているサービスとの連携は?
気になることはぜひお問い合わせください。

お急ぎの方、電話にて問い合わせをしたいお客様は 03-5388-7000 受付時間 9:30~18:30(土日祝休)