SERVICE / SOLUTION SERVICE / SOLUTION DISHで出来ること

顧客データベースとあらゆるコミュニケーションデータを一元管理し
顧客管理、把握、運用・結果分析までを実現するコールセンターCTIシステム。
概要を説明します。


インサイドセールス/アウトバウンドに強いコールセンターシステム

写真:ランドスケイプコールセンター

DISHはテレマーケティング機能と、顧客情報管理を中心としたマーケティング機能を併せ持ったクラウド型コンタクトセンターシステムです。

顧客情報データベースを活用して収益をあげる仕組みや機能を備えており、顧客との全コミュニケーション履歴を一元管理、顧客視点に立って永続的なコミュニケーションを実現することが可能です。

アウトバウンドテレマーケティング事業会社から生まれたシステム

ランドスケイプでは、年間300件以上のテレマーケティングプロジェクトを「DISH」で実施し、 その成果からシステムや機能の作りこみを行っております。
"成果につながる"ポイントを日々改善できる仕組み、デイリーに数十社以上のお客様に対して報告業務を遂行できる"効率性"と"使いやすさ"を備えています。

インサイドセールスに最適

顧客との関係継続化・収益化に重きをおいて開発されたコールセンターシステム「DISH」。電話業務のみを行う従来のコールセンターシステムではなく、多様で継続的なコンタクトを行い計画的に顧客の獲得と育成を行います。

顧客との全コンタクト履歴を把握&訴求

図:コミュニケーション履歴の一元管理

顧客との関係継続化・収益化に重きをおいて開発されたコールセンターシステム「DISH」。電話業務のみを行う従来のコールセンターシステムではなく、多様で継続的なコンタクトを行い計画的に顧客の獲得と育成を行います。

顧客ごとに最適なチャネルでコミュニケーションが可能

図:顧客にあわせたコミュニケーションプラン例

「DISH」は、最適な人に、"最適なタイミングで訴求する"仕組みを持っています。取引履歴・顧客属性の情報からのターゲット抽出や、各お客様に最適なアクションプラン立案が可能になります。

CTI機能はもちろん、
マルチチャネル対応の充実したコンタクトセンター支援機能

インバウンド・アウトバウンド(受発信)機能はもちろんのこと、録音機能や通信販売での管理機能、集計機能、勤怠機能、IVR設定機能といったCTI機能が完備されています。また、EメールやFAXでの送受信、DM送付などマルチチャネルに対応しており、様々なコミュニケーション履歴が顧客データベースに一元管理されます。
お客様からの案内不要の要望を受けた際には、電話番号・住所・FAXに対してシステム的に止めることが可能です。

図:コンタクトセンター支援機能

複雑な業務フローでも簡単な操作で業務設計やキャンペーン設計が可能

最適なアプローチを簡単設定

システム知識のない方でも、画面上のアイコンをドラッグ&ドロップするなどの簡単操作で業務設計を行えます。コンタクトセンターでは通常システム管理者のサポートを必要としますが、全ての設定を担当者が対応可能です。
業務設計の際には業務単位のみならず、顧客単位での過去履歴が時系列で参照できるようになっています。ひとつのキャンペーンのレスポンス結果も正確に捉えることができるため、正確な費用対効果の結果分析も実施することができます。

図:最適なアプローチを簡単設定

日本最大級のデータベースとの連携が可能

データベース連携でターゲット開拓を強力にサポート

ランドスケイプでは、日本最大級のデータベースを構築しています。 ダイレクトアプローチをする上で、重要なターゲットおよび未開拓市場の発見のお手伝いを致します。 経験に基づくターゲット提案はもちろん、ご要望により、貴社既存顧客と市場を比較した定量的・体系的な ターゲット提案も行います。

日本最大級の法人マスターデータベースLBC

図:日本最大級の法人マスターデータベースLBC

収益につながるターゲットの提案

図:収益につながるターゲットの提案
  • 弊社の法人DB・消費者DBとの連携はオプションとなります。

CRM(顧客関係管理)機能を備え、データを一元管理・活用

図:顧客情報の一元管理技術

すべてのコミュニケーション履歴を蓄積

様々なタッチポイントでの履歴を一元管理することができるため、対応者によって対応が異なることがなく、顧客から見れば常に1つの顔で対応することができます。
また、イベントなど「DISH」以外でのタッチポイントの情報も名寄せを実施したうえでコミュニケーション履歴に追加することができるため、コミュニケーションロスなく顧客との関係強化が可能です。

マルチチャネル対応のコンタクトセンターシステム

DISHはCTI機能を完備しておりマルチチャネルを活用することで、それぞれの顧客との最適なコミュニケーションが実現します。 こういった企業と顧客の接点を増やす豊富な機能をそなえ、貴社の目的に合わせたマーケティング活動をサポートします。


成果と効率を重視したCTI

写真:ランドスケイプコールセンター

コールセンター生まれのコンタクトセンターシステム「DISH」は、日々、数十件のプロジェクトを同時に進行させ、 "成果につながる"ポイントを見つけ改善できる"効率性"と"使いやすさ"を備えています。

従来、現場管理者だけで行うことが難しかった業務や時間を要した業務も、現場管理者で完結。 簡単かつスピーディに対応できるので、質と生産性の双方が高まります。

テレマーケティングノウハウの蓄積&貴社への提供

図:導入実績/7.124ライセンス

ランドスケイプのテレマーケティング事業は1998年に開始。
以来、自社データベースを活用したアウトバウンド特化型テレマーケティング事業を展開。
案件を効果的に運用するために必要なノウハウが、コールセンターシステム「DISH」の機能に反映されています。
現在、「DISH」を利用しながら年間300件以上のテレマーケティングプロジェクトを稼動しています。

「DISH」導入時には、ランドスケイプが10年以上にわたって蓄積してきたノウハウも提供。
弊社コールセンターで実際に活躍しているスーパーバイザーやオペレーターによる
"現場担当者による担当者のための研修"を実施します。
ご希望により、実際に業務を行うにあたっての業務設計方法・ノウハウを提供・支援。
導入後の改善点指導も行えます。


「DISH」に反映されたCRM/DBマーケティングの技術とノウハウ

図:コールセンターシステム「DISH」の位置づけ

コールセンターシステム「DISH」は、ランドスケイプのすべてのCRM/データベースマーケティング事業の中心に位置するシステムです。

ランドスケイプのCRM・データベースマーケティングの思想の上に、テレマーケティング・ダイレクトメール・Eメール/Webマーケティングなど、 すべてのダイレクトマーケティングチャネルを駆使するランドスケイプならではの実務経験と ノウハウを加えて作られたのが、コールセンターシステム「DISH」です。

CRM/DBマーケティング会社が作ったCTIシステムだから、顧客管理に強いのです。


キャンペーン単位で集計を行う事ができ、評価・分析が可能

テレマーケティングの結果集計やレスポンス分析、次回へのフィードバックまで実現

キャンペーンやアクションの単位に基準日時点でのさまざまな集計を行うことができます。集計結果は、CSVファイルとして出力することもできます。
プランナーはキャンペーン単位で集計を行うことにより、キャンペーンの分析、評価を行い、次回キャンペーンへのフィードバックが可能となります。
スーパーバイザーはアクション単位で集計を行うことにより、現在実施中のキャンペーン、アクションの進捗状況を確認することが可能となります。

主なレポーティング機能

OB(アウトバウンド)業務集計/IB (インバウンド)業務集計

図:OB業務集計/IB業務集計

オペレータ業務集計

図:オペレータ業務集計

OB(アウトバウンド) 料金集計

図:OB料金集計

他、各種集計機能を揃えております。

  • 勤怠実績抽出
  • 作業集計
  • クロス集計
  • 作業結果集計

独自のナレッジを活用し、顧客情報入力時の重複防止、名寄せによるデータの統一化を実現

データの一元化を助ける!重複登録を防止するシステム

DISHはテレマーケティング機能の他に、顧客情報管理を中心としたマーケティング機能を併せ持ったクラウド型コールセンターシステムです。

顧客情報データベースを活用して収益をあげる仕組みがつまっています。「DISH」は、顧客との全コミュニケーション履歴を一元管理し、顧客視点に立って永続的なコミュニケーションを実現することが可能です。

名寄せにおける重複チェック項目

図:名寄せにおける複数チェック項目

重複データの名寄せサンプル

図:名寄せにおける重複チェック項目


立ち上げから保守まで充実なサポート体制を提供可能

コンタクトセンター構築に関するサポート

初めてのコンタクトセンター構築や人員不足の企業様でもご安心ください。「DISH」導入時には、ランドスケイプが10年以上にわたって蓄積してきたノウハウも提供。弊社コールセンターで実際に活躍しているスーパーバイザーやオペレーターによる"現場担当者による担当者のための研修"を実施します。
ご希望により、導入後の改善点指導も行えます。業務量の増加に伴うコンタクトセンターの増席や、拠点の拡張も簡単。また、ASPでも提供可能なコールセンターシステム「DISH」。ご利用規模やご要望に合わせて最適な形をご提案いたします。

コンタクトセンター立ち上げ支援プロセス

コンタクトセンター立ち上げ支援プロセス

保守に関するサポート

コールセンターシステム「DISH」は、全国ネットで保守サービスをうけることが可能です。また、弊社内には開発から携わっているコールセンターシステム「DISH」専属チームがおりますのでご安心ください。保守窓口は、ご契約時にご案内致します。


発注から導入までの流れ

クラウド型※1コールセンターシステム「DISH」の発注から導入までの流れは以下のとおりです。

クラウド型コールセンターシステム「DISH」の導入後、本稼動を前に当社自らが研修を行います。
当社のコールセンター運営担当者が研修を担当します。
御社が実現したい顧客管理の目的を鑑みて業務設計の支援を行います。
コールセンター運営における収益力の「差」は、人件費コントロールの部分が大きく影響します。
当社が運営するコールセンターの現場で発見した「視点」「プロセス」についてもお伝えしています。

  • 1.設置型でのご提供もご用意しております。

クラウド型(ASP)型DISHの導入スケジュール

図:クラウド型(ASP)型DISHの導入スケジュール

設置型DISHの導入スケジュール

図:設置型DISHの導入スケジュール

関連サービス・ソリューション

uSonar
企業データベースLBCを搭載したクラウド型のデータ統合ソリューション
LBC
820万拠点、国内網羅率99.7%の法人マスターデータ。 お客さまのご状況に合わせてご提案いたします。
IDB
日本人口75%をカバーした、日本最大9,500万件の消費者データベース

DISHを導入した実際の事例をご紹介します。

資料請求 / お問い合わせ

現在使用しているサービスとの連携は?
気になることはぜひお問い合わせください。

お急ぎの方、電話にて問い合わせをしたいお客様は 03-5388-7000 受付時間 9:30~18:30(土日祝休)