SERVICE / SOLUTION SERVICE / SOLUTION LBC 課題と解決策

820万拠点、国内網羅率99.7%の企業データベース。課題と解決策について説明します。


経営企画部門の課題と解決策

企業単位や企業グループ単位での正確な現状把握や顧客分析をするために、マーケティング用の顧客データベースを構築したいのだが・・・

課題1.取引情報のデータがバラバラ

解決策1:データクレンジングの実施

解決策2:企業データベースと連携し、グループ企業を体系的に整理

課題2.取引先情報の整理をする時間がない・負担が大きい

解決策1:外部のデータクレンジングを行う会社に依頼する


マーケティング部門の課題と解決策

取引情報の他に各種情報(営業名刺や問合せ情報、展示会名刺、セミナー、アンケート情報)を集約し、CRMとして効率的に活用したいのだが・・・

課題1.取引情報と各種情報がバラバラで散在し、マッチングが大変そう

解決策1:データクレンジングの実施

解決策2:企業データベースと連携し、グループ企業を体系的に整理

課題2.顧客データの運用方法の仕組み作りと運用コストが分からない

解決策1:外部のデータクレンジングを行う会社に依頼する

解決策2:データベースのメンテナンスを継続的に行う

課題3.自社ターゲットの市場規模(母数)が分からない

解決策1:企業属性と企業グループ関係を把握する


営業部門の課題と解決策

営業リストとして、効率的に活用したいのだが・・・

課題1.事業所データ・民間外の情報・新設法人の情報が取得しづらい

解決策1:企業データベースを利用する


情報システム部門の課題と解決策

企業単位や企業グループ単位での正確な現状把握や顧客分析をするために、マーケティング用の顧客データベースを構築したいのだが・・・

課題1. SFA内の企業情報が重複して生成されてしまう

解決策1:重複登録を生まない仕組み作りをする

課題2.データベースに柔軟性やコード体系、データの母数等の問題がある

解決策1:データをクレンジングする

関連サービス・ソリューション

uSonar
企業データベース LBCを搭載したクラウド型のデータ統合ツール
DISH
顧客との全コミュニケーション履歴を一元管理し、顧客視点に立って永続的なコミュニケーションを実現するクラウド型のコールセンターシステム

LBCを導入した実際の事例をご紹介します。

資料請求 / お問い合わせ

現在使用しているサービスとの連携は?
気になることはぜひお問い合わせください。

お急ぎの方、電話にて問い合わせをしたいお客様は 03-5388-7000 受付時間 9:30~18:30(土日祝休)