競合迷惑な企業ランドスケイプ

ランドスケイプが提供するサービスは、競合するサービス提供会社にとって大変な迷惑となっています。

ランドスケイプは無益な過当競争を避け、自社の得意領域に特化し、
近接分野は他の強みのある会社に任せるべきと考え、サービスを開発・提供しています。
この方針を当社では「非競(ひきょう)」と呼んでいます。

一方、当社の得意領域に競合するサービスを、新規に、または近接分野から参入しても、
超えることが極めて困難な特化したサービス提供を行っており、また次代もリードするための挑戦を日々行っています。
競合企業にとって迷惑な存在「競合迷惑」であり続けることを目指しています。


迷惑な理由

業界最大の法人企業データベースにより、各サービスの実用性の高さが違います。


迷惑している企業

  1. 法人データ提供会社に迷惑
    • 国内の法人企業を網羅したデータ件数
    • マーケティングに使いやすい多様な情報を統合
      拠点、系列、建物、ニュース、過去情報、表記ゆれ など
    • 強力な活用ツールを提供
      顧客データ統合、名刺情報管理、ターゲティング、分析を行うツール群を提供しています。
  2. 名刺管理アプリ会社に迷惑
    • 法人企業データとの高いマッチング率
    • 日々変化する社内外のデータを統合し活用
    • 名刺未交換企業情報も国内の法人企業を網羅したデータベースから検索、閲覧
  3. ABMツール会社に迷惑
    • 利用可能な法人データの量とマッチング精度の高さ
    • ターゲティングに活用できる情報量の多さ
    • 系列、営業所、支店、工場など拠点単位のABMが可能
  4. データクレンジング・名寄せサービス会社に迷惑
    • 通常の名寄せ処理を凌駕する「超名寄せ」による精度の高さ
    • 自動化処理と人的検証によるデータ整備体制「NICE」
    • データの入口から出口まで、日々自動メンテナンス
  5. デジタルデータ活用支援会社に迷惑
    • リアルタイムにオウンドメディアへのアクセス企業を検知して営業活動を行えるライブアクセス
    • 日々蓄積するデータを教師データとして見込み度の高い企業リストを自動生成するRaring2.0
    • 指定ターゲット企業にのみアプローチするターゲティング広告