消費者/個人情報データベース総数9,500万件 日本最大の消費者データベース

消費者データベースについて

消費者データベース

ランドスケイプでは日本国内の総数9,500万件という日本最大のデータベースを構築しています。このデータベースは、IDB及びSDBという独自の手法で管理しており、常にアップデートされています。
また、ランドスケイプでは個人情報の利用停止の受付を自動で行う「自動MPS」や、個人情報保護室の設置など、個人情報保護法に準拠した体制を構築しています。各データにおいて様々な属性を保有していますが、センシティブな情報の収集・取扱いは行っていません。機密管理にも万全を期しています。

ランドスケイプの消費者データベースは、全て様々な属性(リスト特性)が振られているため、条件によってターゲットを絞り込んだアプローチや、個人属性を活用した顧客分析など、DMやテレマーケティングといったアプローチのターゲットデータだけでなく、貴社のマーケティング活動を支援する情報をご提供します。

お問い合わせ・資料請求はこちら 開催セミナーはこちら

消費者データベースの特徴

■IDBとは

IDBとはインテグレーテッド・データベースの略で、全てのデータが住所順に統一された項目で配列されています。
複数項目の検索が可能で、例えば「世田谷区に居住する26歳の男性」といった抽出も容易にできます。
住所情報だけでなく、年齢・性別といったセグメントでの条件指定も可能であり、住所条件と併せた複合検索・抽出を実現しています。
また、郵便不着が世帯で一括削除ができるなどの特徴を備えています。

消費者データベースカバー率 ■IDB統計データ 約1億2,700万人中約9,500万人をカバー

■SDBとは

SDBとはセパレーテッド・データベースの略で、全てのデータが、リスト別にそれぞれファイル化されています。
データを束ねるこれらのファイルはその1つ1つに属性(リスト特性)が振られています。
このリストは細かな分類がされており、詳細かつ本当にターゲットにしたいデータのみを抽出することが可能です。

■SDBのイメージ 属性間のマッチングバージングも可能 俗性別に地区・年齢を管理

消費者データベースラインナップ

お客様からのご要望が特に多いセグメント条件のデータベースなどをパッケージ化して、ご案内しています。
これらの他にも、様々な切り口でご提供できますので、ぜひお問い合わせください。

富裕層データベース

優良顧客になり得る<Millionaire>を選別。

富裕層DBについて詳しくはこちら

団塊世代データベース

日本最大のボリュームゾーンである1947年~1949年生まれの団塊世代を選別。

団塊世代DBについて詳しくはこちら

ランドスケイプ保有の消費者データベースついて

■個人情報の収集に関する合法性

当社で保有しているデータは、すべて合法的なルート・手続きを経て取得・維持されていますので、個人情報保護法に抵触するデータは保有していません。

■個人情報の収集元について

《データの収集元》----大きく2つに分類されます。

  1. 情報主体により不特定多数の者に公開されたデータ(電話帳や企業役員・官公庁紳士録など出版物に類する公開情報)
  2. 個人情報を保有している会社から契約の上、合法的に取得したデータ

消費者データ約9,500万件の構成 提携先顧客データ約27% 約2,565万件 コンパイルド(出版/公開)約41% 約3,895万件 電話帳リスト約32% 約3,040万件 総件数:約9,500万件

■収集元別の個人情報の抽出

当社で保有しているデータは、地域別や属性別だけでなく、収集元別に抽出することも可能です。
そのため貴社のプライバシーポリシーに合わせてデータをご提供することが可能です。

  プライバシーポリシーについてはこちら
  セキュリティポリシーについてはこちら

貴社のビジネス拡大を、ランドスケイプがお手伝いします。
詳しくはお問い合わせ・資料請求ボタンをクリックしてください。

お問い合わせ・資料請求はこちら 開催セミナーはこちら

「富裕層データベース」関連ブログを見る
関連Blog(ランボルギーニの販売「3.2」倍に!拡大を続ける富裕層マーケットとは?)は こちら



↑ページトップへ戻る