工場データベース
Co2排出量や認証資格まで分かる日本全国の工場データベース

工場データベースについて

工場データベースは、日本全国の工場を抽出した約26万件のデータベースです。
食品工場、機械、金属、電機、化学、薬品、精密機器などの生産工場や、自動車整備工場など、あらゆる業界の工場を収録。
アプローチ用リストや顧客データの管理用マスターデータとして活用できます。

工場データベース

工場データベースの特徴

1.豊富なセグメント情報

企業名、工場名、住所、電話番号の基本情報に加え、業種、売上高、海外輸出入やISO認証の有無、Co2排出量、 規模、工場数などが判定できるセグメント情報を合わせて抽出。

2.更新頻度

様々な情報を基に随時更新しているデータベースなので、移転・倒産・開設などの情報をより早く把握。

3.網羅性

電話帳データに記載の無い工場のデータも収録しています。

4.オプション機能

エリアマーケティング用に緯度・経度の付与も可能です。


工場データベースの活用例

以下のような課題の解決に活用できます。

1.営業用リストとして利用

営業開拓ができていない工場を「工場データベース」で把握し、営業リストとして活用。

2.営業戦略立案用に利用

営業戦略立案用にテレマーケティング等で調査を実施するためのデータとして活用。

3.取引工場データの管理用として利用

①取引先の工場の移転や倒産、開設などの情報を更新するためのデータとして活用。
②手作業で実施していたデータメンテナンスコストを削減。

【工場データベース_活用イメージ】

工場データベース

貴社の課題に効果的な利用方法を無料でご説明します。
詳しくはお問い合わせ・資料請求ボタンをクリックしてください。

お問い合わせ・資料請求はこちら 開催セミナーはこちら

「工場データベース」関連ブログを見る
関連ブログ(データベースマーケティング。工場データベース活用。3つの鉄則とは?)は こちら


<関連サービス>