個人情報保護 対策システム「自動MPS」 DMオプトアウト希望者を常時自動受付、削除する個人情報保護法 対策システム

個人情報保護 対策システム「自動MPS」とは

DMの受取を拒否する方の電話を自動応答装置で受け付けます。
DMの受取を拒否する方(オプトアウト希望者)がDMに記載されたフリーダイヤルに架電し、音声案内に従い記載された個別番号をプッシュ入力することで、DM受信拒否が365日24時間いつでも可能です。

■ 自動MPSシステムの概要

  1. DM受取拒否者が封筒などに印刷されたフリーダイヤルに電話を掛け
  2. 自動音声案内に従って、宛名の下に記載したコード番号をプッシュ入力することにより、
  3. 容易にデータベースの削除・利用停止が可能になるものです。

オプトアウトの継続的な確保を実現し、自己情報コントロール権の保護・支援するサービスです。
(特許第3455112号)

■自動MPSシステムのイメージ■

■ 自動MPSのメリット

自動MPSを活用することで、「DMオプトアウトの要求」をシステム上で自動受付できます。
受取拒否の対応に追われることなく、人件費削減につながります。
安価なコストで正確に消費者のプライバシー保護(個人情報保護法 第27条(利用停止)の遵守)が実現できます。

貴社(個人情報取扱事業者)側のメリット
  1. 情報主体の的確な意思表示の管理
  2. プライバシーレベルの向上
  3. 個人情報保護法を遵守
DM(ダイレクトメール)受取者側のメリット
  1. 自己コントロール権の保証
  2. オプトアウトの機会の継続的な確保
  3. 個人情報保護法を遵守
貴社のビジネス拡大を、ランドスケイプがお手伝いします。
詳しくはお問い合わせ・資料請求ボタンをクリックしてください。

お問い合わせ・資料請求はこちら 開催セミナーはこちら

↑ページトップへ戻る