CASE / PERFORMANCE CASE / PERFORMANCE [金融・証券][BtoCマーケティング]売上貢献度の高い休眠顧客を特定し、集中してアプローチを実施

課題

・プライバシーポリシーの規定により、他社のリストを使った新規開拓ができないため、自社の休眠顧客を復活させ、売上を上げることが重要な課題となっていた。
・休眠顧客件数が大量にあり、全件数にダイレクトメール(DM)やテレマーケティングを行うことはコスト面から難しいため、大量の休眠顧客から優先してアプローチすべき顧客を特定したいと考えていた。


解決策

・休眠顧客データをランドスケイプ保有の富裕層データベースとマッチングさせ、休眠顧客内で高額な取引金額が期待できる富裕層者を特定した。


ランドスケイプの強み

富裕層データベースの母数の多さ。
・姓名マスタ・住所マスタ等の名寄せ技術を保有しており、顧客データとのマッチング率が高いこと。


結果

・大量の休眠顧客データの中から、特に優先すべき顧客を数%に絞ることができた。
・富裕層にのみアプローチしたことで、顧客に復活した際の売上単価が上昇した。



>>関連サービス
消費者/個人情報データベース
富裕層データベース
BtoC購買ポテンシャル分析

RSSフィード登録

新着情報をリアルタイムにお届け。以下URLをコピーし登録してください。

登録すると最新情報をリアルタイムでお知らせ