CASE / PERFORMANCE CASE / PERFORMANCE [金融・証券][BtoCマーケティング]既存顧客の潜在的な富裕度を把握した上で顧客戦略を立てる

課題

既存顧客に関して、口座の貯金額だけで顧客ランクを分けていた。資産を分散する客も多く、顧客のポテンシャルを測る判断材料を持ち合わせていなかった。

解決策

富裕層データベースを用い、既存顧客分析を実施。潜在的な経済余力を推定する。


ランドスケイプの強み

マーケティング分析用富裕層データベースの構築により、既存客に対し新たな属性(ポテンシャル)を加えることができた。
富裕層データの質量/データマッチング技術の保有。

結果

既存顧客でポテンシャルがあるにも関わらず、貯金額の少ない人など、開拓の必要性がある人の特定ができた。





>>関連サービス
富裕層データベース
BtoC購買ポテンシャル分析

RSSフィード登録

新着情報をリアルタイムにお届け。以下URLをコピーし登録してください。

登録すると最新情報をリアルタイムでお知らせ