日立ソリューションズに顧客データ統合ツール「ユーソナー」と名刺管理アプリ「ユー名刺」を提供
~取引実績/企業データ/名刺の一元管理を実現~

2020年10月14日

データベースマーケティングを支援する株式会社ランドスケイプ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長竹 克仁、以下 ランドスケイプ)は、株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:星野 達朗、以下 日立ソリューションズ)に顧客データ統合ツール「ユーソナー(uSonar)」を提供したことをお知らせします。これにより、各種データソースを統合し、オプションである名刺管理アプリ「ユー名刺(u名刺)」も活用することにより、データの一元化を実現しました。

CS_J_Color_A.png

■導入経緯
日立ソリューションズは、日立製作所のグループ会社であり、アプリケーションの開発やコンサルティング、クラウドソリューションサービスなどを提供する企業です。取引実績や営業用企業リスト、名刺など、様々なデータソースを保有しているため、データ統合・メンテナンスに工数がかかっていました。具体的には、以下の課題が発生していました。

・各種データソースと取引実績を統合する際に、手動で名寄せ・メンテナンスを行っている。
・保有しているデータを統合管理できず、企業属性の傾向分析がしづらい。
・従来の名刺管理アプリは名刺のデータ化に特化しており、企業属性の付与率が低い。

■導入メリット
①様々な事業所単位のデータを自動で名寄せすることで、高精度なデータ活用基盤を構築。
②「LBC」は企業の統廃合情報も日々更新しているため、営業活動の機会損失を削減。
③「ユー名刺」により、展示会などで取得した名刺を迅速にデータ化し、企業属性を可視化。
④マーケティングオートメーションとも連携できるため、企業属性に応じたメール配信を実現。

【連携概要図】

IMAGE.png

※日立ソリューションズは、自社での導入ノウハウを活用し、パートナーとして「ユーソナー」を販売しています。
詳細は以下プレスリリースをご確認ください。
https://www.landscape.co.jp/news/20200803_5115.html



<顧客データ統合ツール「ユーソナー(uSonar)」について>
顧客に関わる様々な情報を統合し、管理することができるクラウド型のデータ統合ツールです。ランドスケイプが長年培ってきた様々なフォーマットのデータをクレンジングするノウハウや、自社構築した法人マスタデータ「LBC」が搭載されています。CRM/SFAやMA(マーケティングオートメーション)、DMPなどのソリューションとの連携が可能です。
https://www.landscape.co.jp/service/usonar/

uSonar.png

<名刺管理アプリ「ユー名刺(u名刺)」について>
ランドスケイプが保有する日本最大の法人マスタデータ「LBC」(820万拠点)を活用した名刺管理アプリです。OCR(光学文字認識)のデータ解析技術に「LBC」をマスター辞書として活用することにより、名刺を撮影するだけで瞬時にデータ補正し、高精度な名刺のデータ化が可能です。 また、名刺データに業種や売上高、法人番号などの属性情報も付与することができ、名刺データの即時活用を実現します。
https://www.landscape.co.jp/service/usonar/u-meishi/

u名刺.jpg

<法人マスタデータ「LBC」について>
ランドスケイプが構築した日本全国(約820万拠点)の事業所に、11桁の管理コードを採番した法人マスタデータです。「LBC」は法人番号や業種、売上規模などの企業属性だけでなく、企業コード体系により、親会社・子会社などの企業の資本関係や本社・事業所関係まで把握することが可能です。
https://www.landscape.co.jp/service/lbc/

LBC_リリース用.png

ランドスケイプは、今後ともお客様のデータ利活用を推進するためのデータクレンジングやシステム基盤の構築を支援してまいります。



<日立ソリューションズの概要>

会社名 :株式会社日立ソリューションズ
所在地 :東京都品川区東品川4-12-7(日立ソリューションズタワーA)
代表者 :取締役社長 星野 達朗
設立 :1970年(昭和45年)9月21日
資本金 :200億円
事業内容 :ソフトウェア・サービス事業、情報処理機器販売事業
URL https://www.hitachi-solutions.co.jp/


※記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標又は登録商標です。

資料ダウンロードはこちら

■資料ダウンロードはこちら

データベースマーケティングを支援する株式会社ランドスケイプ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長竹 克仁、以下 ランドスケイプ)は、株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:星野 達朗、以下 日立ソリューションズ)に顧客データ統合ツール「ユーソナー(uSonar)」を提供したことをお知らせします。これにより、各種データソースを統合し、オプションである名刺管理アプリ「ユー名刺(u名刺)」も活用することにより、データの一元化を実現しました。

CS_J_Color_A.png

■導入経緯
日立ソリューションズは、日立製作所のグループ会社であり、アプリケーションの開発やコンサルティング、クラウドソリューションサービスなどを提供する企業です。取引実績や営業用企業リスト、名刺など、様々なデータソースを保有しているため、データ統合・メンテナンスに工数がかかっていました。具体的には、以下の課題が発生していました。

・各種データソースと取引実績を統合する際に、手動で名寄せ・メンテナンスを行っている。
・保有しているデータを統合管理できず、企業属性の傾向分析がしづらい。
・従来の名刺管理アプリは名刺のデータ化に特化しており、企業属性の付与率が低い。

■導入メリット
①様々な事業所単位のデータを自動で名寄せすることで、高精度なデータ活用基盤を構築。
②「LBC」は企業の統廃合情報も日々更新しているため、営業活動の機会損失を削減。
③「ユー名刺」により、展示会などで取得した名刺を迅速にデータ化し、企業属性を可視化。
④マーケティングオートメーションとも連携できるため、企業属性に応じたメール配信を実現。

【連携概要図】

IMAGE.png

※日立ソリューションズは、自社での導入ノウハウを活用し、パートナーとして「ユーソナー」を販売しています。
詳細は以下プレスリリースをご確認ください。
https://www.landscape.co.jp/news/20200803_5115.html



<顧客データ統合ツール「ユーソナー(uSonar)」について>
顧客に関わる様々な情報を統合し、管理することができるクラウド型のデータ統合ツールです。ランドスケイプが長年培ってきた様々なフォーマットのデータをクレンジングするノウハウや、自社構築した法人マスタデータ「LBC」が搭載されています。CRM/SFAやMA(マーケティングオートメーション)、DMPなどのソリューションとの連携が可能です。
https://www.landscape.co.jp/service/usonar/

uSonar.png

<名刺管理アプリ「ユー名刺(u名刺)」について>
ランドスケイプが保有する日本最大の法人マスタデータ「LBC」(820万拠点)を活用した名刺管理アプリです。OCR(光学文字認識)のデータ解析技術に「LBC」をマスター辞書として活用することにより、名刺を撮影するだけで瞬時にデータ補正し、高精度な名刺のデータ化が可能です。 また、名刺データに業種や売上高、法人番号などの属性情報も付与することができ、名刺データの即時活用を実現します。
https://www.landscape.co.jp/service/usonar/u-meishi/

u名刺.jpg

<法人マスタデータ「LBC」について>
ランドスケイプが構築した日本全国(約820万拠点)の事業所に、11桁の管理コードを採番した法人マスタデータです。「LBC」は法人番号や業種、売上規模などの企業属性だけでなく、企業コード体系により、親会社・子会社などの企業の資本関係や本社・事業所関係まで把握することが可能です。
https://www.landscape.co.jp/service/lbc/

LBC_リリース用.png

ランドスケイプは、今後ともお客様のデータ利活用を推進するためのデータクレンジングやシステム基盤の構築を支援してまいります。



<日立ソリューションズの概要>

会社名 :株式会社日立ソリューションズ
所在地 :東京都品川区東品川4-12-7(日立ソリューションズタワーA)
代表者 :取締役社長 星野 達朗
設立 :1970年(昭和45年)9月21日
資本金 :200億円
事業内容 :ソフトウェア・サービス事業、情報処理機器販売事業
URL https://www.hitachi-solutions.co.jp/


※記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標又は登録商標です。

RSSフィード登録

新着情報をリアルタイムにお届け。以下URLをコピーし登録してください。

登録すると最新情報をリアルタイムでお知らせ