富裕層マーケティング「NOBLE STATE」 富裕層マーケティング 富裕層マーケティング「NOBLE STATE」

9,500万人の消費者データベースから定義した、ロイヤルカスタマーになり得る富裕層<ミリオネア>を選別。
富裕層をターゲットとした市場攻略の支援を行っています。

富裕層に関する長年のデータ収集、分析から、
成果の見える富裕層マーケティングを実現


日本の富裕層マーケットを把握した戦略を立案していますか?

年々その割合が増加する日本の富裕層。

外資・内資を問わず多くの一流企業が、市場攻略に力をいれる約289万人※1と定義される富裕層。

2008年には世界の多くの金融市場が大幅に落ち込み、リスク性の資産から低リスク資産への移行など行動も慎重になっているとされてきましたが、この景況をチャンスと捉え、価格の低下した不動産資産等を手堅く取得している富裕層の動きは、停滞する企業・ファンド需要に比べ活発です。

また、低リスクの資産を長く蓄積してきた富裕層に代表される、自身の趣味嗜好に根ざした消費や、蓄財・投資への態度変容が軽微な人たちも数多く存在。 相対する企業が、正しいマーケティングアプローチを富裕層に対して行えば確かな反応が得られます。

ランドスケイプが、創業以来、収集・蓄積・分析している消費者/個人情報データベース9,500万名から富裕層と定義、判定したデータベースなら、 ひとりひとりの富裕者にダイレクトにそしてホットにアプローチできます。

成果の見える富裕層マーケティングをお望みなら、ランドスケイプにお問い合わせください。

増加する日本の富裕層

※1 メリルリンチ・キャップジェミニ調べ

ランドスケイプでは210万件の富裕層データベースをもとに、ラグジュアリー消費者のネットワークを通じた富裕層サーベイ、富裕層デプスインタビュー調査を行っています。詳しくはこちらからパンフレットをダウンロードください。




データベースによる富裕層へのアプローチ

ランドスケイプは、保有する全国9500万人の消費者データベース(国内最大)から、独自開発したロジックにより、210万人の資産1億円以上の富裕層を特定しました。この富裕層データベースを構築、維持するにあたり、7億件に及ぶデータをクレンジング、名寄せしています。 そのノウハウを生かし、各社の顧客データを正規化し、重複のない整備された状態にすることができます。また、顧客データだけでは把握できない情報を富裕層データベースから付与し、分析を行えます。さらに、リアルな富裕層からテーマに沿ったヒアリングを行う調査など、富裕層マーケットをターゲットとする上で、確かな意思決定を可能にする、富裕層マーケティング支援を行っています。


富裕層マーケティング支援実績

各業界でランドスケイプの富裕層マーケティングソリューションが利用されています。

富裕層マーケティング支援実績


マーケティングに特化した富裕層データベースの特徴

■特徴1:様々な富裕度が高い属性を活用して富裕層を定義

ランドスケイプが収集・蓄積・維持してきた「消費者情報データベース(IDB)」が持つ様々な属性情報を、「職業属性」「居住属性」「その他富裕属性」に分類し、個別の情報収集項目毎にスコアを設け、加算することで富裕度を以下の4層に分け、富裕層を定義しています。

富裕層と判断できる各属性に点数を付加、累計点数を元に富裕層を定義。
  1. 職業
    下記職業を富裕層データベースの評価条件として活用

    社長、優良企業役員(上場企業および大企業)、医者・歯科医、弁護士、公認会計士、大学教授、マンションオーナー・家主、議員、僧侶、著名人・・・etc.

  2. 居住形態
    居住地区/居住形態を富裕層データベースの評価条件として活用
    • 高級住宅街の特定
      ランドスケイプのデータベース内の富裕層(高額納税者、社長、その他)が居住する地区を上位順に抽出、統計情報の世帯数をもとに富裕層の居住率を計算し高級住宅街を特定。そこに居住する人たちを抽出。
    • 豪邸の特定
      土地公示価格の上位地区で大きな家を抽出(地方に関しては土地形状の関係上未実施)
    • 高級マンションの特定
      分譲販売価格が億単位のマンション、または、高級賃貸マンションを特定。そこに居住する人たちを抽出
  3. 富裕層特有の属性
    富裕層特有のカテゴリーをプラス点として評価

■特徴2:日本の富裕層マーケット(210万人)を網羅

性別、年齢、ストックリッチ(金融資産の多い富裕層)やフローリッチ(収入/年収の多い富裕層)だけでなく、富裕層の家族などの条件でもセグメントが可能です。

富裕層の割合:性別比・年齢比

富裕層に1対1の面談式インタビュー

ラグジュアリーマーケットの

「何故?」

をかたちにします

富裕層マーケティング デプスインタビュー

富裕層への個別調査「DEPTH INTERVIEW」

デプスインタビュー

ランドスケイプがプロデュースする富裕層とラグジュアリービジネスを結ぶクラブ『NOBLE STATE』では、富裕層デプスインタビューを行っています。 30代から70代の富裕層を対象に、モデレーターが1対1の対話形式で90-120分のインタビューを行います。対象者は通常10名で、 モデレーターが対象者の自宅を1軒ずつ訪問して行います。1対1で1時間以上対話することで、対象者がふだん意識していなかった、隠れていた本音を引き出します。日本の成熟したラグジュアリー市場で、 クライアントの知りたい「何故?」を発見する希少な機会です。これは富裕層にネットワークをもつランドスケイプだからこそ実現できるものです。

インタビュアー&モデレーター
栗原 伸介
株式会社ランドスケイプ
NOBLE STATEディレクター

プロフィール

電機メーカーのシステムエンジニア、電機商社役員などを経て、2002年より富裕層向けマネー誌(季刊)『SEVEN MONEY』編集に関わる。
同誌を『SEVEN HILLS』として月刊化、編集長を務め50冊発行。その間、100人を超える世界の富裕層にインタビュー。『SEVEN HILLS』以降は、編集PRディレクターとして世界のプレミアムコンテンツの紹介、プロデュース、企業へのアドバイス、コンサルティングを行っている。

富裕層マーケティングのニュースサイト 富裕層マーケティングのニュースサイト

NOBLE STATE.comニュースは世界の富裕層マーケットの動向を伝えるニュースサイトです。毎月1回、ラグジュアリーマーケターの皆様と NOBLE STATEのライフスタイルアンケートに答えていただいた 富裕層の皆様に向けてニュースレターを配信しています。http://www.noblestate.com/news

ニュースレター配信を希望される方はこちらまで メールアドレスをお送りください。

info@noblestate.com

ランドスケイプでは210万件の富裕層データベースをもとに、ラグジュアリー消費者のネットワークを通じた富裕層サーベイ、デプスインタビュー調査を行っています。詳しくはこちらからパンフレットをダウンロードください。


富裕層居住エリアターゲティング広告
~富裕層エリアに特化したインターネット広告配信を実現~

ランドスケイプが保有する国内最大210万人のエリア別富裕層データと、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムが保有する月間4.5億ユニークブラウザのcookieデータの連携により実現した日本初の富裕層Webマーケティング手法です。(詳細:プレスリリース

富裕層居住エリアターゲティング広告

富裕層マーケティング事例

ピンチアウトしてご確認ください

業界 詳細 目的(ご要望) 課題(事例)
高級商材 宝飾品

既存顧客データ分析

休眠客活性化

ラグジュアリーブランド

既存顧客データ分析

休眠客活性化

金融 大手証券会社

業務効率化

銀行

既存顧客データ分析

既存アップセル・クロスセル

不動産 高級老人ホーム

エリアマーケティング

情報サービス コンテンツ配信

既存顧客データ分析

離反防止

その他富裕層マーケティングを実施している企業様の事例一覧(抜粋)はこちらをご確認ください。


まずはお気軽にお問い合わせください。
貴社のビジネス拡大を、ランドスケイプがお手伝いします。

詳しくはお問い合わせ・資料請求ボタンをクリックしてください。

関連サービス・ソリューション

DISH
顧客との全コミュニケーション履歴を一元管理し、顧客視点に立って永続的なコミュニケーションを実現するクラウド型のコールセンターシステム

IDBを導入した実際の事例をご紹介します。