SERVICE / SOLUTION SERVICE / SOLUTION LBCの活用方法(1) 作る /データ統合

ここではデータベースを作る際の課題に合わせて、データ統合ソリューションLBCの活用方法についてご紹介します。

データベースマーケティングの最初のステップは統合データベース(マスターデータベース)を作ることにあります。データが散在していると、部署間や販売会社間での情報共有が出来なかったり、それぞれのデータ管理手法が異なるため、全社・グループ全体の傾向を把握できなかったりします。これでは非常に営業効率が悪くなってしまいます。そこで、データベースの整備・統合が必要となります。

データベースマーケティングのステップフロー(1)作る

効率的なマーケティングを実現するために必要不可欠なデータ統合

データベースマーケティングの最初の一歩は基盤となる顧客データベースを作ることでした。そのためには顧客マスターの整備・統合が必要となります。




課題1.重複データをデータ統合したい

顧客データベースを構築するにあたって、まずは重複を排除しなければなりません。データが重複した状態ですと、(1)実際の取引社数よりも多く見積もってしまったり、(2)当該企業との合計取引金額を少なく見積もってしまったり、(3)複数の営業担当者で同一企業にアプローチしてしまったりすることがあります。この場合、販売計画の再検討が必要になったり、無駄なアプローチが発生したりします。

そこでデータ統合処理が必要になってくるのですが、以下の例のように、誰が見ても重複と分かるデータについては、システム担当者による簡単な処理でデータ統合が出来るのですが、実際には重複データなのですが、社名変更、住所移転、吸収・合併などによって、一見別のデータのように見えるケースも少なくありません。

簡単にデータ統合できるケース

ピンチアウトしてご確認ください

データ種別 社名 住所 建物名 電話番号
データ1 (株)ランドスケイプ 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティ15F 03-5388-7000
データ2 (株)ランドスケイプ 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティ15F 03-5388-7000
     

そこで、データ統合ソリューションLBCを活用したデータ統合が必要となります。具体的には以下のような処理を行います。


顧客データとデータ統合ソリューションLBCとのマッチング処理を行います。このマッチング処理によって、顧客データとデータ統合ソリューションLBCとの対応関係(紐付け)が出来ます。このとき、顧客データ側に重複データが存在すると、同一のLBCデータが紐付くことになります。つまり、マッチング処理によってデータ統合ソリューションLBCと対応させたとき、同一のLBCデータが紐付いた顧客データこそが重複データに他なりません。


重複データは同一のLBCデータが紐付く

データ統合ソリューションLBCは全ての事業所にユニークコードを採番

データ統合ソリューションLBCはすべての事業所にユニークなコード(法人管理コードLBC)を採番していますので、顧客データとマッチングした際に、同一コードが紐付いた場合、そのデータは重複ということになります。


また、マッチング処理の際には、過去情報やナレッジを参照してマッチング処理を行っていますので、以下のように、一見異なるデータであっても同一のコードが紐付き、重複データであると判定することが出来ます。あとは、同一のコードが紐付いたデータを集約していけばデータ統合処理が可能となります。


ピンチアウトしてご確認ください

顧客データ LBC
データ種別 社名 住所 建物名 LBC
入力データ1 ボーダフォン(株) 東京都港区愛宕2丁目5-1 愛宕グリーンヒルズ 00001420852
入力データ2 ソフトバンクモバイル(株) 東京都港区東新橋1丁目9-1 00001420852
     

以上がデータ統合ソリューションLBCをもちいたデータ統合処理の仕組みになります。データ統合ソリューションLBCを用いることで、どのように重複判定率向上につながるかは「データ統合」のページを参照して下さい。



課題2.散在する顧客データベースを統合したい

前項では単一の顧客データベース内でのデータ統合処理についてご説明しましたが、顧客データベースが複数存在し、それら複数の顧客データベース間のデータ統合をしなければならないケースがほとんどです。データが部署ごと、グループ会社ごとに散在している場合、(1)各部署間での情報共有が出来なかったり、(2)営業全体を統括することが出来ません。

散在する顧客情報のデータ統合

そこで、データベースの統合の必要があるのですが、もともと異なるデータベースですので、データの管理体系(ルール)がバラバラで、それらを統一しようとしても一筋縄にはいきません。そこでバラバラのルールで管理されているデータベースをひとつにまとめるための教科書が必要になります。この教科書こそがデータ統合ソリューションLBCです。

具体的には、(1)まず各データベースとデータ統合ソリューションLBCとのマッチング処理によって、データに対して法人管理コードLBC(背番号)を採番します。(2)その後、採番された背番号をもとにデータの紐付けを行います。再三述べている通り、法人管理コードLBCはすべて事業所に採番号されたユニークなコードですので、異なるデータに同一のコード(LBC)が採番されている場合、それは同一の事業所であるということになります。このように、異なるデータベースを一気に統合するのではなく、各データベースをデータ統合ソリューションLBCのルールに合わせた上で、データベースの統合を行いますので、新たに紐付けたいデータベースが出てきた場合であっても、新たに紐付けたいデータベースとデータ統合ソリューションLBCとのマッチング処理さえ行えば、それまでに構築された統合データベースのなかに統合することが可能になります。

データ統合イメージ

また、データ統合ソリューションLBCを利用すれば、住所移転や社名変更などの企業情報に変更が生じた際にも、各データベースを個別に修正する必要はありません。LBCの更新情報をマスターデータベース側に反映させれば良いからです。詳細については企業情報の維持の項目で説明します。



課題3.顧客データに情報を付与したい

顧客データベースの統合が出来たとしても、実際にデータベースに必要な情報が入っていなかったり、古い情報が入っていたりすると全く意味がありません。

社名・住所・電話番号だけでは、そこに事業所があるということは分かっても、どのような事業所があるのかは分かりません。事業所ならば何でもよいというのであれば別ですが、通常は企業属性に基づいてターゲティングを行うわけですから、顧客の分析・分類に利用できる項目は保有している必要があります。また、属性情報を保有していたとしても古い情報であれば、現実を捉えることはできません。

そこで、データに数多くの属性を持たせて情報量を増やしたり、最新の情報に更新することが必要になります。この作業を法人データベースLBCとのマッチングによって、自動的に行うことが可能です。ランドスケイプでは、これをデータ・エンハンスメント(Data Enhancement)、つまりデータの価値向上と呼んでいます。

データ統合を行う際のマッチング処理イメージ

貴社顧客データとデータ統合ソリューションLBCとのマッチング処理を行うことで、対応するデータの紐付けが可能となります。紐付けが整理すれば、あとはLBC側から属性項目を付与・更新するだけです。これによって、様々な属性による企業のセグメント化や顧客分析が可能になります。 付加可能な属性については、保有属性の項目を参照して下さい。

データ統合ソリューション「LBC」 活用事例

データ統合事例_自動車業界
データ統合事例_情報通信・ソフトウェア業界
データ統合事例_専門・サービス業界
データ統合事例_金融・保険業界
データ統合事例_飲料・食品業界
データ統合事例_流通・サービス業界
データ統合事例_機械・エレクトロニクス業界

関連サービス・ソリューション

uSonar
企業データベース LBCを搭載したクラウド型の顧客データ統合ツール
DISH
顧客との全コミュニケーション履歴を一元管理し、顧客視点に立って永続的なコミュニケーションを実現するクラウド型のコールセンターシステム

LBCを導入した実際の事例をご紹介します。

資料請求 / お問い合わせ

使用しているSFA、MAの顧客データとの連携は?
気になることはぜひお問い合わせください。

お急ぎの方、電話にて問い合わせをしたいお客様は 03-5388-7000 受付時間 9:30~18:30(土日祝休)